撮影前の打ち合わせ。女優以外のスタッフ、男優はマスクとフェイスガードを装着しシーンを確認する

写真拡大

 濃厚接触が避けられないAV(アダルトビデオ)の撮影現場はこのコロナ禍においてどうなっているのか。日本、および台湾の撮影事情を取材した。

 コロナ禍におけるAV制作の動向をAVライターの大坪ケムタ氏が解説する。

「多くのメーカーで撮影が行なわれてきました。しかしコロナの陽性者や濃厚接触者が出た場合、現場を中止せざるを得ません。メーカーによってはキャンセル料などが発生するリスクを回避するために緊急事態宣言明けまで、あるいは一般向けのワクチン接種が開始されるまで撮影しないところもあります」

 現在、撮影を行なうメーカーのほとんどが「外部の人間を撮影現場に入れない」方針を採る。その中で「厳重な対策のもとでなら」と許可が下りたメーカーを取材した。素人系メーカー・ブロッコリーの撮影現場では、まずスタジオの入り口での検温と手指消毒から1日が始まる。

「弊社では演者含め7、8人の少人数で換気しやすいアパートの一室で撮影を行なっています。僕の作品では、コロナ流行以前から男優は黒子的な存在としてマスク着用は必須でした。現場の見た目だけなら以前とさほど変わりありません」(西田監督)

 出演女優の繭はこの2月にデビューしたばかり。

「販売員をしていたのですが、コロナで売り上げが激減し、会社の方針変更などでトラブルが増えたので、会社を辞めてAVの世界に飛び込むことにしました。他の仕事より感染リスクはありますが、健康的な食事と運動をして免疫力を高めて撮影に参加するよう努力しています」

 老舗メーカー、マックス・エーでは、通常時より人数を大幅に絞り出演者を含む7人で女優・最上一花の撮影が行なわれていた。

「弊社では昨年春より、体温37.2度以上ないし、パルスオキシメーターが酸素飽和度93%以下を示した場合は出演者も現場に入れません。スタッフは常にマスクとフェイスガードを装着し、男優も撮影中以外は同様にしています」(広報担当者)

アメリカでは毎日のPCR検査が必須

 海外の撮影現場はどうか。コロナ感染者を1000人以下に抑えている台湾発のアジア圏最大級のアダルトサイト・SWAGは昨年2月から新作の撮影とリリースを減らしていたが、その間にリアルタイムで出演者に行為内容をリクエストできるライブパフォーマンス配信を開始し、オンラインイベントなどを催したことで売り上げを伸ばしたという。現在は月100本近く新作をリリースし、売り上げは従来に戻っているという。

 一方、50万人を超える死者を出したアメリカではさらなる厳戒態勢が敷かれている。

ポルノの撮影ができるロサンゼルスとフロリダでは関係者全員が毎日PCR検査を行なわねばなりません。それゆえにワクチン接種が行なわれるまで自主的に休業する人が多いですね」(日本人ポルノ女優・まりか)

 今後もAVの現場はコロナの困難と闘い続けていく。

取材/河合桃子

※週刊ポスト2021年3月12日号