ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

」の二宮和也(37)とA夫人(39)の電撃結婚から11月で1年が経過する。発表が、ちょうど嵐デビュー20周年の記念ツアー真っ最中だったこともあり、〈まさか、このタイミングで発表する?〉と、嵐ファンから悲鳴が上がった。その後、「週刊文春」が元日挙式計画まで報じ、ニノは四面楚歌に追い込まれた。

二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

 新型コロナウイルスも収束していない今、「夫のグループが活動休止するまで挙式は待とう」となりそうなものだが、夫人はニノに「40歳になるまでには絶対にね! 約束よ!」と迫っているという。A夫人が執念を燃やす“40歳になる最終リミット”とは今年12月23日。大安はこの4日後の日曜日となる。

 筆者は夫人との腐れ縁で、今も“定点観測”を欠かさない。そのスポットのひとつが、渋谷区にある高級スーパーマーケット。入籍直後の昨年末は、店内でカートを押すニノとその少し後ろを満面の笑みで歩く夫人の姿が度々目撃された。ところが、最近はこのスーパーに買い物に来るのはA夫人ひとりというパターンがほとんど。たまにニノも姿を見せるが、以前のように店内に入ることはなく、夫人が戻ってくるまで車の運転席で待ち続けているという。

 常連の主婦たちは「夫婦の距離感や空気が変わったんじゃないかしら」とささやいている。

■収録が終わっても控え室でグタグタ

 ニノの変化はこれだけではない。レギュラー番組の「VS嵐」(フジテレビ系)や「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)の収録が終わると、これまであっという間にスタジオから姿を消し自宅に直帰していたのに、特に打ち合わせをする必要がないにもかかわらず、スタッフと時間を気にせずたわいのない話をするようになったというのだ。これを「帰宅拒否症なのでは……」と心配する関係者もいる。2008年スタートの「VS嵐」は嵐が長く携わってきたバラエティー番組だが、「収録が終わって控室でグダグダしているニノさんの姿はほとんど初めて見る光景」(ある番組スタッフ)だという。もしかしたら番組終了がカウントダウンに入り、ニノの胸に熱い思いが込み上げているのかもしれないが……。

 しかも最近、ニノは積極的に事務所後輩たちの人生相談に乗っているという。少し前まで自分の携帯番号を教えることすらためらっていたくらい人付き合いが苦手だった男が、いつからこんな世話焼きになったのか首をかしげてしまう。

 ニノと酒席を共にした映画関係者が、冗談半分に家で待つA夫人について聞くと、ニノは「気にしなくていいの。もう5年以上も一緒にいるから……」と意味深な言葉を口にしたという。前出の番組スタッフも、「僕らと仲間のように接してくれるのは凄くうれしいんですけど、時々見せる寂しそうな表情が何だかとても引っ掛かるんですよね……」と漏らす。

 パーフェクトカップルとも称される2人に、いよいよ倦怠期が訪れたということなのか。“最終リミット”まで観測を続けたい。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)