住宅ローンの残高が物件の現在価格より多く 定年後に老後破産した夫婦

ざっくり言うと

  • 63歳の男性が、38歳のときに買った6000万円の自宅の物件査定を依頼した
  • 住宅ローンが約2000万円も残る中、査定額は1200万〜1300万円だったという
  • 妻や子どもに借金を相続させないよう、自己破産することを選択したそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x