かつての対戦相手がユベントスで監督と選手の関係に【写真:AP & Getty Images】

写真拡大

現役時代にチャンピオンズリーグで対戦した際のテクニックが再びバズる

 イタリア王者ユベントスは、現地時間8日にマウリツィオ・サッリ監督を解任して。

 クラブのレジェンドである元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏の監督就任を正式発表した。新シーズンから現代最高プレーヤーの一人であるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを指導することになるが、現役時代にロナウドと初対戦した際にテクニックで翻弄した動画が再脚光を浴びている。

 現役時代にインテル、ミラン、ユベントスなど強豪を渡り歩き、米MLS(メジャーリーグサッカー)でのプレーを経て2017年11月に現役を引退したピルロ氏。当初、U-23チームの監督就任が発表されていたが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16敗退もあり、監督交代となった。ピルロ氏はユベントスと2年契約を締結したとされている。

 ピルロ氏は選手としての技術と実績は申し分ないが、監督未経験ということもあり、電撃就任は話題を呼んだ。そして、41歳の新指揮官のプレー映像が再注目されているという。

 スペイン紙「マルカ」は、「クリスティアーノ・ロナウドがピルロと対戦した時:すでに口コミで拡散」との見出しで特集。エースのロナウドがマンチェスター・ユナイテッド所属時代にミランのピルロ氏と対戦した際、スライディングタックルを仕掛けるも軽快なボールコントロールからの切り返しであっさりとかわされた映像がSNS上でバズっているという。

 米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー番組「ESPN FC」公式ツイッターは、「アンドレア・ピルロはプレーしていたように選手を指導すれば、ユベントスはまったく問題ない」と動画を投稿。ファンからも「それは真実だ」「彼の就任は予想外」との声が上がっている。

 初采配となるピルロ氏がどのような手腕を見せるのか注目が集まる。(Football ZONE web編集部)