立憲民主党の蓮舫参院議員

写真拡大

 立憲民主党の蓮舫参院議員(52)が16日、自身のツイッターを更新。「GoToキャンペーン」の見直し案に対して不満をあらわにした。

 蓮舫氏は「東京在住者、東京発着の旅行にGoToキャンペーンは使えない方向でこの後の感染症対策分科会にはかると西村、赤羽両大臣」と前置きすると「キャンペーンを使わない旅行は? 仕事の出張は? 何より、税金を使った補助事業で東京を外す根拠は何か」と訴え、「一度立ち止まる、延期をして見える形で議論をし直すほうがいい」と主張した。

 次のツイートでは「16時過ぎまで参議院予算委員会。そこで何度も何度もGoToトラベルについて問われた西村大臣は『今夜の文化会で専門家にご議論いただく』を繰り返すのみ」とあきれるばかり。

 最後は「閉会直後に官邸に行き、その直後に見直し案を提示、と。安倍内閣の国会軽視、官邸政治極まってます」と吐き捨てていた。