これから彼氏と同棲するカップル、もしくは結婚して旦那さんと暮らし始める共働きの夫婦など、多くいらっしゃいますよね。お互いに共働きの場合、家事の分担をしっかりと決めておかないと、どちらかの負担になってしまいがちです。そこで今回は、共働きカップルの夕食事情について調査してみました。

週末に作り置き

「週末に作り置きのおかずを数品準備したり、メインの料理の下ごしらえをして冷凍しておくようにしています。作り置きのおかずは毎日のお弁当にも使いますね。毎日ちょっと似たようなものになってしまいますが、そこはお互いに文句を言わないということにしています」(28歳・Yさん)

▽ 日持ちする作り置きメニューもたくさんありますし、夕食にもお弁当にも使えるなんて最高です。

疲れているときにはお惣菜に頼る

「仕事が定時で終わった日やパワーがあるときにはしっかりと夕食を作りますが、疲れているときにはスーパーのお惣菜に頼ることにしています。毎日しっかりとした食事を作らなければと思ってしまうと、ストレスが溜まるので、出来るときはやる、出来ないときには手を抜くと決めています」(29歳・Mさん)

▽ うまく息抜きしながら夕食作りも行わないと、疲れが溜まっちゃいますよね。お惣菜はバリエーション豊かで、意外と栄養バランスのとれたものも多いので、どんどん頼っちゃいましょう!

焼く、炒めるだけの料理に徹する

「平日は仕事をしているので、手の込んだ料理は一切せず、焼くだけ、炒めるだけの料理に徹しています。細かい副菜は週末に作り置きしておいたものを小分けにしながら食べていますよ。かけるだけ、混ぜるだけでレストランのように美味しい味付けが出来る魔法の調味料達を駆使しまくっています」(27歳・Tさん)

▽ シンプルな調理法なら時間も手間もかかりませんからね。手の込んだものよりも、かけるだけ、混ぜるだけの調味料の方が、家族から「美味しい!」と言われたりしてたまにちょっとイラッとしたり。

夕食は各自済ませる

「帰宅時間がお互いに遅いし、時間もバラバラなので、夕食は各自済ませるようにしています。早く帰れた日は夕食を作って、旦那さんのために置いておくこともありますけど、毎日誰かが夕食を作るというルールはもうけないようにしています。せっかく作ったのに、外で食べてきちゃったとか言われたら腹が立ちますからね」(30歳・Sさん)

▽ お互いに仕事で帰宅時間がバラバラなときは、きっぱりと決めるのもありですよね。たしかに絶対というルールではないのでストレスも溜まらなさそうです。

スロークッカーでじっくり煮込み料理

「朝、材料をスロークッカーの中に入れて、家に帰ってきたらメインの料理が出来ているようにしています。スロークッカーはつけっぱなしでも安心ですし、手間暇かけてないのに手の込んだような美味しい料理が出来ますよ。難点は家中にその煮込み料理のニオイが染み付くことですね」(28歳・Rさん)

▽ スイッチひとつでほったらかして手の込んだ料理ができるのは最高ですね。最新の便利家電に頼るのも良いアイディアです!

これから彼氏や旦那さんと一緒に暮らし始めるけど、共働きだから家事が不安というみなさま。食事の準備に関してはこれらを参考にしてみてはどうでしょう?