小保方晴子氏の退職で家族にも影響 大学教授の母親は休講ばかり

ざっくり言うと

  • 小保方晴子氏の退職が、家族にも暗い影を落としているという
  • 大学で心理学の教授を務める母親は大学を休むことが増え、休講ばかりだった
  • 「不正が発覚してから、ご両親の姿を見なくなりました」と話す近隣住民も

ランキング