松本人志が広めた“スベる”、さまぁ〜ず三村「芸人が救われる言葉」

写真拡大

お笑いコンビ・さまぁ〜ずの三村マサカズ(55歳)が、8月13日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウン vs Z世代 ヤバイ昭和あり?なし?」(日本テレビ系)に出演。ダウンタウン・松本人志(58歳)が広めた「スベる」という言葉について、「芸人が救われる言葉」と語った。

番組の中で「松本人志がルーツの言葉」という特集が組まれ、さまぁ〜ず・三村マサカズが、松本からギャグがウケなかった時に使う「スベる」という表現を初めて聞いたとコメント。

三村は「今では全国誰でも使う“スベる”。松本さんが広めましたよね。関西で言われる言葉。芸人が救われる言葉ですよね。もともと関東では使ってなかったと思う。『ネタはずしてたよね』とか関東の人は言ってたと思うんですよ。松本さんの功績ですよね、それは。全国の人がスベるって言うじゃないですか?」と語った。