1995年3月、地下鉄サリン事件が世間を震撼させた。この事件の2日後には、同年2月に目黒公証役場の事務長を拉致した疑いで、オウム真理教の教団施設への一斉家宅捜索が行われ、教団の実態が明らかになる。その恐るべき凶行の1つが坂本弁護士一家殺害事件だ。そして1998年の秋、実行犯の1人である岡崎一明への死刑判決がくだされた。その判決公判廷の傍聴席にいたのが、ジャーナリストの青沼陽一郎氏だ。判決に至るまでの記録を、青沼氏の著書『私が見た21の死刑判決』(文春新書)から、一部を抜粋して紹介する。(全2回中の1回目。後編を読む)

◆◆◆

オウム真理教の正体

 80年代後半のバブル経済の膨張と共に、新興宗教として日本の中に大きく膨らんでいったオウム真理教。坂本弁護士一家殺害事件とのかかわりが指摘される一方で、教祖と幹部十数人が90年の衆議院議員選挙に立候補して、かぶりものと歌と踊りのユニークな選挙活動を展開したことから、全国に風変わりな集団として知られるようになる(少なくとも、ぼくはそう思っていた)。やがて、バブル崩壊の進んだ95年3月、東京の地下鉄車輛内に猛毒の化学兵器サリンを撒き散らした「地下鉄サリン事件」によって、いわば巨大なテロ集団としての、その正体をあからさまにする。


©iStock.com

 岡崎一明は、オウム真理教のいわゆる出家信者だった。お布施と称して私財の全てを教団に寄贈し、会社を辞め、家族との関係を断ち切って、教団施設の中で寝食を送る。俗世を捨て、教団の戒律にのみ従って生きる。社会との関連性を断絶することによって、解脱を目指して、ひたすら修行に従事する。ところが、教団教祖から与えられる修行は時として、会社を起して事業展開することであったり、新しく信者を獲得するための布教活動に勤しむことであったり、あるいは実際に教祖と幹部信者が立候補した衆議院選挙の選挙活動であったりと、隔てたはずの社会の側に働きかけることでもあった。それがいつしか、教団に敵対する存在への攻撃となり、人を殺してよりよい転生をさせることも、また自らに課せられた修行であると説かれるようになった。そこで、岡崎が手を染めた事件が、坂本弁護士一家殺害事件だった。

 オウム真理教が宗教法人となった1989年当時、教団に対する世間の風当たりは強いものがあった。勧誘や出家を巡るトラブルも多く、週刊誌がバッシング記事を連載し、子どもが教団に出家してしまった親たちを中心に「オウム真理教被害者の会」(のちの「家族の会」)が結成されるまでになった。この被害者の会の世話人を務めていたのが、坂本堤弁護士(当時33歳)だった。それまでにも法的措置をとったり、マスコミにも登場しては、教団の問題点を指摘する。ちょうど、テレビ番組で坂本弁護士のインタビューが放映されることを知った教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)は、そこで坂本弁護士の名前を挙げて殺害を計画するのだった。テロの第一歩を踏み出した瞬間だった。

坂本弁護士一家殺害を自白

 そして、1989年11月4日午前3時頃、神奈川県磯子区の坂本堤弁護士の自宅アパートに教団幹部6名で押し入り、就寝中だった坂本弁護士、妻の都子さん(同29歳)、それに1歳2カ月だった龍彦ちゃんを殺害。遺体を運び出すと、それぞれを新潟、富山、長野の山中に埋めて遺棄していた。

「3人殺したら、死刑だな」

 犯行後、実行犯を再び集めた麻原は、刑法の条文を読み聞かせながら、そう呟いたという。

 それから、およそ6年。95年3月の地下鉄サリン事件の直後に、教団施設への一斉家宅捜索が行われて、教団の凶行の実態が次々と白日のもとに曝されていく。その中で、坂本弁護士一家殺害事件も立件される。岡崎の供述した通りの場所から、3人の家族の遺体が発見されていくのだった。

余裕のある被告人

 死刑なのか、それとも生きることが許されるのか。目の前で、裁判長が粛々と読み上げる判決理由を聞いている岡崎の背中は、硬くなって見えた。肩をすぼめるように、円くなってじっとしている。周囲に目をやる余裕などないはずだった。自分に死が訪れるかどうかの瀬戸際を、いまかいまかと待っているのだ。それが、もし、ぼくの立場だったら、と想像してみる。きっと、裁判長の言葉よりも、自分の心臓の鼓動のほうが重く耳に響いていることだろう。

 それでも、初公判から見てきた法廷の岡崎には、どこか余裕があった。判決から遡ること、2年半前のことだった。

 背が低く、なで肩、中年太りの入った岡崎の体格は、まさに円形を基調にして見えた。法廷に入ってくる時も、証言台の前で座って証言に臨む時も、背中を丸めて前屈みにしている印象が強い。それでいて、丸顔に髪を真直ぐに垂らした下から、上を覗き込むように正面を見据える切れ長の目の視線は、相手の様子から内面までを探って言葉を選んでいるように見えた。下手に出ながら、相手に取り入って、それでいて相手の心を掴んで、優位に話を進めようという、どこかで見覚えのあるセールスマンのような態度と話し方だった。事実、本人も職を転々としながら、営業の仕事を数多くこなしてきたことを告白していた。

 岡崎は、起訴された事実関係を認め、検察が出してきた証拠もほぼ全てについて採用を同意。事件の共犯者の供述調書を検察官に全て読み上げさせると、そこから被告人質問に入るという、弁護側の法廷戦術をとってきた。

「今日からはね、君のひととなりを裁判長に知ってもらうために、話してもらうからね」

 最初に主任弁護人が、そんなことを岡崎に話しかけてからはじまった被告人質問。まずは殺人を犯した岡崎一明という人物の生い立ちからはじまった。

 それも、自分は不幸であったとする幼少期の話からだった。

暴露話もお手のもの

 岡崎は、養子だった。幼くしてもらわれていったことから、しばらくは知らずに成長した。小学校の授業参観などでは、周りと較べて自分の母親だけが年とって見えることに違和感を覚えていたと言った。あるいは、こんなエピソードも。

「養父は短気で、例えば、すき焼きを食べても、お前は肉を食うな!   と怒られました。これなら孤児院に入っていたほうがましだと思いました」

「住んでいた家は農家の蔵の2階でした。やっと一軒家に移れても、そこはいつも雨の降る度に床下浸水していました」

 そんな具合に不幸話をあげつらう。ところが、それが傍聴席から、およそ不幸に聞こえないのは、岡崎の落ち着いた流暢なしゃべり方にあった。むしろ、不幸の自慢話をして、周囲の空気を和ませているようにさえ受け取れる。

 そんな調子で幼少期、青年期を通り過ぎ、大人になって職を転々とする場面では、

「薬のセールスの仕事なんて、これほど楽な仕事はなかった。お役所の仕事より楽ですよ」

 そう言って正面の裁判長の顔色を窺い、相手をニヤけさせてみせる。

「まあ、裁判所もお役所みたいなところですけど……」

 とても、殺人事件の審理とは結び付かないような雰囲気を作り上げていく。

 教団が東京・渋谷のマンションの一室にあった頃からの古参だった岡崎は、教団の草創期のこともよく知っていた。

 だから、暴露話もお手のものだった。

 空中浮揚と呼ばれる座禅を組んだまま空を飛ぶこともできる、あるいは過去も未来も見通せる、人の心を知ることもできるなどの、いわば超能力を身につけたとする教祖は、自らを「最終解脱者」と名乗っていた。それも、ある時、弟子たちからしつこく最終解脱とはどういう状況のことをいうのか問い詰められ、困った麻原が、横にいた側近幹部で事実上の愛妾だった女性信者に向かって、

「だって、俺って、最終解脱者だよなあ、ケイマ(教団内での女性幹部の名前)!」

 と、問いかけて、女性幹部は黙って頷いた、というエピソードによるものだった。

 そんな内情を披露しながら、

「それを聞いて、脱会した人がいた。私もその時にいっしょに脱会していれば……」

 そういって、罪を犯した自身の不幸を嘆いてみせる。

 あるいは、その女性幹部(愛妾)と教祖の本妻(麻原には妻子がいた)との組織内での間柄について、

「宗教者としてステージの高いはずの二人が、すぐに喧嘩をはじめる。それが理解できず、ある時、麻原に、『どうしてああなるんですか?   大丈夫ですか?』と聞いたところ、麻原は、『いや、上には上のカルマ落としがあるんだよ』と、答えてました」

 この愛妾には、のちに麻原との間に子どもが生まれている。

関西弁でまくしたてるユニークな弁護士

 斯くいう岡崎も、証人として呼ばれていった共犯者の法廷でのこと。この共犯者というのが、早川紀代秀(のちに死刑判決)というやはり教団幹部で、事件の実行にあたってはどちらが主導的な立場にあったのか、死刑回避にも影響する互いに重要なキーマンでもあった。忌憚のないところをいえば、実行グループの中で主導的立場にあったことを互いになすりつけて、死刑を逃れようというわけだ。

 その早川の主任弁護人は、東京の弁護士会に所属しながら関西弁でまくしたてるこれまたユニークな弁護士だった。

「あんたは、昭和62年7月25日に解脱っちゅうのをするわけやな。それから1988年7月に独房修行に入るんやが、どないしてや?」

「それは、麻原から私の心が離れていると思われたのだと……」

「あんた!   ケンメン(検察官面前調書)で何言うとったか、覚えてんのか   あんた美人女性幹部と肉体関係にあって、それが麻原に伝わったからとちゃうんか   肉体関係あったんちゃうんか」

 体裁が悪くとも、認めざるを得ない岡崎。

「それは戒律違反とちゃうんか」

「なることはなりますが、その時はですね……」

「なんや!   滅茶苦茶やったんか」

 教団では戒律として禁止されていた女性信者との肉体関係を結んだ過去を暴露され、信者といいながらも信心がなかったのではないか、内心はもっと私利的でずる賢い奴なのではないのか、と正体を明かそうと追及されている。驚愕と失笑の入り交じった凄まじい法廷だった。(因に、この時の公判の訴訟指揮を執っていたのは竹崎博允裁判長。08年からは、翌年の裁判員制度導入を前に、異例の抜擢人事で最高裁判所の長官に就いている。傍聴席からも笑いの零れるやり取りを、当時は法壇の上から冷ややかに眺めていたのだった。)

岡崎は「自首」を主張していた

 いまはそんなことはなくとも、当時は信仰心から、麻原を解脱者と信じて、事件に至ったのだ。そう主張する岡崎にしてみたら、宗教上の決まりごとを破ってしまうこと、煩悩を否定して解脱を目指したはずが、欲望のまま、煩悩に溺れていたことを暴露されては、立つ瀬がない。

 ところが、自身の法廷に戻った岡崎は、調書にも記載のあるこの事実について触れないわけにもいかない。そこで、とって付けたように、こう言い訳している。

「麻原のところに懺悔にいきました。すると、麻原は、『お前たちにも、春が来たな』と、かえってひやかされました」

 淡々飄々とした話しぶりと、集団で殺人を犯す構成員には直結しづらい会話の内容ばかりが、すぐに記憶に浮んでくる。

 それだけ、岡崎に余裕があったのも、もうひとつ理由があった。

 岡崎は、「自首」を主張していたのだ。

 判決で自首が認められれば、減刑の対象となる。

 判決の中で検討される、この自首をめぐる攻防が、死刑の一線を越えるかどうかの鍵を握っていたのだ。場合によっては、坂本弁護士一家殺害事件を犯しても、死刑にならないことだってあり得る。

 もとより、自ら進んで事件の真相を明らかにするのが自首なのだから、起訴された事件の事実関係になど争点があるはずもなかった。

 それだけに、この時の判決理由の告知は、裁判所が自首についてどういう判断をするのか、これを聞く側に予断を許さないところがあった。

林郁夫の判決

 この「自首」について、どうしても触れておかなければならないことがある。

 岡崎の判決の5カ月前のことだった。

 場所は東京地方裁判所。第104号法廷。

 3人が並んだ裁判官(これを「合議体」という)の真ん中にはYという眼鏡をかけた裁判長が座っていた。東京地裁には刑事第1部から第16部(当時)まであって、刑事被告人はそれぞれの部に割り振られていった。Y裁判長は、そのうちの刑事第5部の統括判事すなわち部長も務めていた。見るからに剛毛そうな頭髪を整髪料で光らせながら、自然な七三で分けていた。丸と四角がいっしょになったような顔だちをしている。

 その日は、地下鉄サリン事件の実行犯に判決が言い渡されることになっていた。

「開廷します」

 落ち着いた低い声だった。それでいてよく通る声だった。東京地裁で一番大きい第104号法廷にもよく響いた。

「被告人は、前へ来てください」

 そう言われて、被告人は裁判長の正面、証言台の前に立った。

「それでは、判決を言い渡します」

 そこにいたのは、林郁夫だった。

「主文──の言い渡しはあとにします。」

 林郁夫は、死者12名を出した地下鉄サリン事件で千代田線を担当した。我孫子発代々木上原方面往き列車の車輛内で、サリンを散布している。この路線では霞ケ関駅の駅員2名が死亡していた。

 それに加えて、目黒公証役場事務長を拉致して麻酔薬を大量投与して死亡させた事件(逮捕監禁致死罪)や、女性信者を教団施設内に監禁したこと(2件の監禁罪)、手配中の信者を匿うために整形手術と指紋消しの手術をしたこと(犯人蔵匿・隠避罪)、それに麻酔薬を密造した薬事法違反の罪でも裁かれていた。もともと、慶応大学医学部卒の心臓外科医だったことからすれば、それだけでも犯した罪は悪質だった。普通に考えても、死刑は避けようがなかった。

「主文──の言い渡しはあとにします。まずは、判決の理由から述べます」

 ぼくが、主文の言い渡しを最後にした判決を聞くのも、この時がはじめてだった。

 この被告人は、死刑になるのか……。そうすると、林郁夫がぼくの目の当たりにするはじめての死刑囚ということになる。その誕生の時が、いまかいまかと迫っていた。──が、しかし。

 林郁夫は死刑にはならなかった。

 その最大の理由は、「自首」にあった。

弁護側の鮮やかな法廷戦術

 別件での逮捕、取調中に突如「私が地下鉄にサリンを撒きました」と告白。そこから、容疑者が特定され、事件の解明と教祖の麻原彰晃の逮捕へと結び付いた。これを裁判所は自首と認めたのだ。

 裁判でも、林郁夫は最初から全ての罪を認め、検察側が出してきた証拠のすべての取り調べに同意して、まったく争う姿勢をみせなかった。まるで、生きることを諦めたように、裁判のなすがままに身を任せていた。死刑を待つだけの、ゆるやかな自殺といった印象すら傍聴席に与えていた。

 そこに弁護側のとっておきの切り札が用意してあった。全ての罪を従順に認め、そして弁護側の立証に入ったところで「自首」を主張する。鮮やかな弁護側の法廷戦術だった。

 そうなってよく考えてみれば、検察が裁判に提出した証拠も、被告人の自白したことが基調となっているのだから、被告弁護側にしたところで裁判に争いようがないわけだった。

 検察をはじめ、捜査当局にとっても、林郁夫の自白は、オウム事件の全容解明と教団壊滅への突破口となっただけに、認めないわけにもいかなかった。普通ならこんな大事件で「死刑」を求刑するはずのところを、既に論告の時点で検察は「無期懲役」を求刑していた。死刑でなくていい、と認めてしまっていたのだ。

 この日、裁判所の判決は、最後にY裁判長がこう宣告して終わっていた。

「主文。被告を無期懲役に処す」

 

「主文。被告を死刑に処す」 裁判官が見抜いた、坂本弁護士一家殺害事件犯人の“本性” へ続く

(青沼 陽一郎/文春新書)