ゴゴスマが伊藤健太郎逮捕で誤報 偽アカを本人発言として紹介

写真拡大

10月29日、ひき逃げなどの疑いで逮捕された俳優の伊藤健太郎容疑者(23)。同日に放送された「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」(TBS系)では、約2時間にわたって事件を取り上げていた。

番組では、伊藤容疑者について「性格的に自由奔放で強気な一面」があると説明。「何度も共演経験のある女優との交際を報道された」際に伊藤容疑者がSNSでつづったという、こんな投稿を紹介した。

《匂わせないしオープンにするし撮りたいやつは撮ればいい。付き合って何が悪い? 芸能人は隠さないといけない? 芸能人ぽくなりたくない。もううるさいおばさんはいない フリーダムに生きる》

そして番組の司会を務める石井亮次アナウンサー(43)は「“こういう性格だからひき逃げする”という意味ではもちろんありません」と述べた。

しかし本誌が確認したところ、伊藤容疑者のTwitterやInstagramといった公式SNSアカウントにこういった投稿の形跡がない。いっぽう、伊藤容疑者の名を騙る“偽Twitterアカウント”で一字一句同じ文言のツイートを発見した。

偽アカウントに公式マークはなし。またフォロー数が約860でフォロワーは430人ほど、さらに同投稿の“いいね”数はわずか4。大人気俳優のTwitterとしては、見るからに怪しいものだがーー。

そこで本誌は投稿が紹介された直後、「ゴゴスマ」の制作元であるCBCテレビに問い合わせた。「誤報ではないか」と指摘すると、番組担当者からは「会議で、訂正を検討している」「のちほどFAXでコメントをお送りする」との返答が。

するとその後、石井アナは番組でこの件について言及。「ご本人のツイッターの内容ではありませんでした。深くお詫びして訂正いたします。大変失礼いたしました」と陳謝した。

そしてさらにその後、編集部にFAXで以下のようなコメントが届いた。

《番組の中でお伝えし、お詫びしましたように本人のツイッターの内容ではありませんでした。製作スタッフが、本人のツイッターと誤認していたことが原因です》