お笑いコンビ「スリムクラブ」の内間政成

写真拡大

 お笑いコンビ「スリムクラブ」の内間政成(44)が17日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)にリモート出演。住宅ローンに追われる厳しい現状を語った。

 内間は13年に番組企画で頭金なしで6000万円の35年ローンを組み、中古の戸建てを購入。月々の返済は20万円だとし、昨年の闇営業問題や今年のコロナ禍で、収入は激減し、ローン破綻の危機を迎えているという。

 暗い表情に周囲から「怖い」などのツッコミが入る中、内間は「現状は死にたいです」とポツリ。現在の収入については「コロナの影響で、劇場もないですし、イベントも新規のイベントもないんです。厳しい状態が続いてます」と説明し、9月の月収は「リアルに言っていいですか?8万円です」と嘆いた。

 妻も「最近、パートに出かけました」と夫婦でやりくりしているとしつつ、内間は現在、芸能の仕事以外は「やっていない」とし、「借入とか、積み立てを崩したりして、メルカリ始めました」と告白。ダウンジャケットを売ったそうで「1万2000円でした」と明かし、笑わせた。

 ローン返済について「ギリギリOKなんです」と何とかローンは払い続けているという内間。「ただ、この状態が続くと、来年、初夏で死ぬかもしれないです」と自虐トークでスタジオの笑いを誘った。

 事務所の先輩でもある、お笑いタレントの今田耕司(54)は「吉本さん、えらいことです。初夏までに何とかスリムクラブに仕事を!」と支援を呼びかけた。

 週刊誌にローン破綻を訴えたことに、妻は「めっちゃキレてるんです」と告白。「俺が身内の恥をベラベラさらしてる。きょうも余計な発言をしないように、監視されてます」とぶっちゃけた。

 内間は昨年6月、吉本興業の所属タレントらが“会社を通さない”「闇営業」で謹慎処分を受けた。同8月19日に謹慎解除となり仕事を再開していた。