今とは違う“何者か”になりたい。

ここ東京では、そんな風に強く願い行動した者のみが掴める、成功や幸せがある。

彼らは「勝ち組」・「成功者」と称され、周囲から、羨ましがられ、時に妬まれる。

しかし、ご存じだろうか。

彼らは、その影で、ジレンマに苛まれ様々なコンプレックスと戦っていることを…。

この連載では、そんな「勝ち組」となった彼らの、その後のリアルストーリーをお届けする。

これまで、婚活のために有名大学に入った女、モテたくて慶應に入った男、準ミス慶應と婚約中の男を紹介した。さて今回は?




Vol.4:上京前に整形した女


名前:真理亜(仮名)
年齢:24歳
職業:一般事務

土曜の昼下がり、『エンポリオ アルマーニ カフェ 青山』には、眩しい日差しが降り注いでいた。

「今日はどうぞよろしくお願い致します」

明るい店内の一番端っこの席に座っていた真理亜は、とても控え目に、そして小さな声で、丁寧に挨拶をしてくれた。

ぱっちり二重にスーッと通った鼻筋と、非常にはっきりした顔立ち。さらに高身長でスラリと伸びた手足は、どこかファッションモデルを彷彿させる。

彼女は、北海道の旭川出身で、1年の浪人を経て青山学院大学へ進学した。大学1年生の時には、ミスコンに出ないかと声を掛けられたこともあったという。

しかし、そんな華やかなルックスとは裏腹に、自信なさげに辺りの様子を伺う姿は、どこかチグハグな印象を受けた。

「私、普段は中小企業の事務員の仕事をしているんです。基本地味な生活をしているので、こんなおしゃれな場所にくると緊張しちゃいます」

そう言って、真っ白な歯を見せて微笑んだ真理亜は、視線を落とした。そして、少しばかりの勇気を振り絞って、唐突にこう告白してくれた。

「私ね、実は整形なんです」

おもむろに高校時代の写真を見せてくれたが、面影はあるものの、今のような華やかな美人という雰囲気ではない。 それでもこちらを向いて無邪気に笑う彼女は、愛らしい表情をしている。

一見、整形なんてする必要なんてなさそうに思うが、何故真理亜は整形するに至ったのか、そして何がそんなに冴えない表情にさせているのかをぽつりぽつりと話し始めてくれた。


真理亜が整形を決断した、苦い過去の思い出とは?


この写真を撮った頃は、真理亜は明るく快活な子だったという。自分のことを特別美人と思い込まないまでも、特に容姿についてコンプレックは持っていなかった。

「私、クラスのリーダー的な女子が好きだった男子と家が近くて、登下校中にたまたま会って一緒に通学することがあったんです。そしたら、私たちが付き合っているっていう噂が学校内に広がっちゃって。本当は違うのに…。そして、それをきっかけに目を付けられて、ちょっとしたいじめが始まりました」

きっと、“ただ何となく気に食わなかった”そんな理由だけで、始まったいじめだったのであろう。大げさなものではなかったものの、容姿を誹謗中傷する言葉を投げかけられこともあった。

真理亜はすぐに収まるだろうと黙って我慢するも、徐々にエスカレート。ある時、一番仲の良かった友人までにも、“笑うとキモイから笑わないで”と言われてしまった。その言葉が決定打となり、真理亜は完全に塞ぎこんでしまう。

誰しも一つや二つ、容姿にコンプレックスはあるだろうが、真理亜はこのいじめをきっかけに、自分の欠点にしか目がいかなくなった。その結果、常に周りの目を気にしながら、なるべく目立たないよう高校生活を送るようになったそう。




「気づいたら、何をするにも“どうせ私なんか”って卑屈な考え方をするようになっていました。昔はもっと明るい性格だったのに、思春期の頃に受ける影響って大きいですよね」

しかし真理亜自身も、この状況、ひいては自分のそんな考え方を良しとしていたわけではない。

何とかこの状況を打破したい、自分を変えたいと思っていた。そして、新たな人生をスタートさせるための行動に出たのだった。

「整形して、東京の大学に行こうって決めるまでにはそう時間はかかりませんでした。問題はいたってシンプルで、容姿にコンプレックスがあるということ。だから、それに対しての解決策は顔を変えること。でも旭川で整形すると目立ってしまうから、自分の過去を知っている人がいない東京に行こう、って」

いじめによって塞ぎこんでしまっていたと語る真理亜だが、解決策の方向性が合っているかどうかはさておき、例え短絡的であったとしても自分なりに解決策を見出し、そこに向かって行動したのだ。

「親にその計画を打ち明けた時は、さすがに反対されました。でも、初めてこの時にいじめのことを打ち明けたんです。あるときからすごく暗くなってしまったことは心配されていたので、顔を変えて明るく生きたい!と切望したら、有名大学に進学することを条件にしぶしぶOKしてくれました」

真理亜は高校を卒業後、東京に住む叔母の家に間借りし、浪人生活をスタートさせた。


顔を変え、東京で人生の再スタートを切った真理亜を待ち構えていたものとは?


真理亜は上京してすぐに整形手術をした。一刻も早くコンプレックスを解消したかったし、浪人時代に知り合った人が一緒の大学に行くかもしれないから、なるべく早く顔を変えておきたかったのだ。

「埋没法で二重にして、鼻にプロテーゼを入れて鼻を高くしました。合計で30万円くらいだったかと。もう少し安く抑えることも出来たんですけど、絶対に失敗したくなかったので、評判のいいところを入念に調べて手術を受けました。

徐々に腫れが引いて、思い描いていた顔に近づいてきたときは、本当に嬉しかったです。あぁ、もうすぐ私の人生が変わる!!って、本気でそう思いました」




そして、顔が変わると心なしか気分も前向きになり、懸命に勉強に打ち込み、見事青山学院大学への合格を勝ち取った。

「合格通知を受けとったときは達成感でいっぱいでした!!多少の不安はありましたけど、これから始まるキャンパスライフにも、すごくワクワクしました。

入学式は一人で参加したんですけど、意外にも色々な人が話しかけてくれたんです。サークルの勧誘とか、同じクラスになった子とか。すごい嬉しかったんですけど…」

当時のことを懐かしむように語る真理亜は、勧誘されたゴルフサークルに入った。しかし、そこで思いもよらぬ洗礼が彼女を待ち受けていたという。

「なんていうか、何もかもに恵まれて生まれてきた人って本当にいるんだなって、その時、初めて知ったんです」

そのサークルにいた女性陣は、容姿端麗で成績優秀、性格も明るいのが当たり前。それに加え、帰国子女でバイリンガルだったり、実家が超裕福であったりと、とにかく華やかな美人ばかりだったそうだ。

「最初はそんな団体に自分が属せることが誇らしかったんです。でも、そんな人たちに話しかけられると、反射的に委縮してしまって、なんて受け答えすればよいかわからなくて…。

人とほとんど会話しない浪人時代には、気付かなかったんですけど。顔が変わっても、いじめを受けていた時代に染みついたコンプレックスとか、自分の立ち位置みたいなものって、そう簡単に拭い去れないんだなって、その時実感してしまったんです」

高校時代に真理亜をいじめていたのは、いわゆるスクールカーストの上位に属する人間だった。彼らは、旭川でのスクールカーストでは上位だったが、その図式を全国規模に広げれば、圧倒的にゴルフサークルの女性たちが遥か上を行く。

高校時代、なるべく目立たないように生活していた真理亜にとって、自分をいじめていた人間より、もっとレベルの高い人間と対等に接するというハードルは、顔を変えるだけでは乗り越えることができなかったそうだ。

「もし整形ってバレたらどうしよう、とか、私うまく話せてるかな、とかそんなことばっかり考えていたから、当たり障りないことしかしゃべれなくて。それに、みんなのキラキラした高校時代の思い出話とか聞くと、どうしてもここは自分の居場所じゃない気がしてしまったんです」

そう語る真理亜はサークルとは徐々に疎遠になり、バイトと授業を往復するだけの地味な大学生活を送ることになったそうだ。

「私の外見につられて言い寄ってくれる男性はいましたし、何人かお付き合いもしました。でも、私の外見と中身のギャップのせいか、誰とも長くは続かなかったです…」

思春期に染みついてしまったネガティブな考え方は、そう簡単に変えることができなかったようだ。

「大学時代は急に華やかすぎるコミュニティに飛び込んでしまったのが、自分にとって負担になってしまっていたんだと思います。今は、会社で気の合う友人もできて、地味ですけど地味なりに楽しい生活を送っています(笑)」

最後にそう語った真理亜は、背伸びせず、自分の心地よい居場所を見つけたのか、満足そうな笑顔を見せてくれた。

▶Next:12月11日 水曜更新予定
「男に結婚適齢期はない」は本当か?仕事一筋だった男が陥った落とし穴とは?