AbemaTVにて、極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱が司会を務める『極楽とんぼのタイムリミット』#7が、11月10日(日)22時より放送される。同番組は、極楽とんぼの2人とマンスリーMCが、「タイムリミット」をテーマにした企画を展開。今回のマンスリーMCは、よゐこ・濱口優と結婚したばかりのタレント・南明奈だ。

 #7の企画は「告白にタイムリミット!21時までに恋人を作ろう!!第3弾」。“炎上系女子大生”入澤優、芸人・ゆーびーむ☆、芸人・八幡カオルの3人が、今恋している相手(制限時間内なら何人でもOK)に告白して、この日の21時までにカップル成立を本気で目指す。

 番組冒頭、南は「自分からすることはない。好きですと言うアピールを出して、向こうからしてもらう」と自身の恋愛観を披露。濱口を意識し出したのは、「ご飯に行ってる段階から『もう言っておくけど、俺はアッキーナのことが好きだから、これから会うときは、それをわかって会ってね』と言われた」と語り、南が明かした馴れ初めに加藤と山本は「最初から!?」「かっこいいな!」「男前の口説き方」と感心する。

 その一方で自己紹介から妙にハイテンションな入澤は、「今回、告白を全員成功させる」「今までフラれたことがないんで」と豪語し、出演者たちをあぜんとさせる。山本が「1人からOKもらったら終わりよ?」と誤解を解こうとすると、入澤は「4人全員からOKもらって、その中から選びたい」とまくしたて、加藤はすっかり呆れた表情。加藤は入澤のキャラに違和感を抱き始めたようで、「なんか、あなた全てに『実』が無いよね」「本当に好きですか?」とイライラを覗かせる。

 自信満々の入澤だったが、予備校の先生という1人目の男性には「申し訳ないけど、ちょっと違う」「将来を想定すると、イメージが湧かない」「軽い感じがする」ときっぱりフラれることに。加藤はこの結果に「やっぱり、実が無いんだよ」と納得する。

 入澤はハキハキと「正直、めちゃめちゃ悲しかった」「直していかないとダメなんだなって」と口にしつつ、「すごい私、モテてきたんで」とプライドをチラリ。加藤は「『すごいモテてきたんで』って口にするところが、先生から『先が見えない』って言われる理由」「実が無いってことなんじゃないですか」と説教し、「告白というのは、相手の気持ちをはかるようで、自分を見つめ直すことですから。あなたがスカスカだってことがバレバレです」と痛烈にダメ出しを展開する。

 ムチを繰り出す半面、加藤は「でも、人間て変われるから」と優しくフォローも。しかし入澤は「じゃあ、(あと)3人に告白するので」と、全く響いてない様子を見せる。山本はすかさず「違う!(気持ちとしては)1人ずつ!」「なんであなたは……」と渋い表情を浮かべ、加藤は「あなたは今日、不正解しか出してない!」とついにキレ気味に。加藤は「違った自分を次で見せてください」と必死に入澤に訴える。

 果たして、入澤は制限時間内で自分を見つめ直し、告白の相手からOKをもらえるのか。そして、ゆーびーむ☆、八幡は幸せを掴めるのか。『極楽とんぼのタイムリミット』#7は、10日(日)22時よりAbemaTVにて放送される。