後半戦は2戦連続と最高のスタートを切ったが、悪化するチーム状態のなかで1本のシュートすら打てない試合も……。少ないチャンスをモノにできる武藤だけに、この状態がもどかしい。 (C) Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 マインツは直近の公式戦8試合で、わずかに1勝しかできていない。
 
 ブンデスリーガ第25節のハンブルク戦では全く良いところがなく、残留を直接争う相手との対戦で、終始、主導権を握られてしまった。
 
 攻撃ではビルドアップからのパスがほとんど繋がらず、いたずらにロングボールを前線に蹴りこむばかり。無失点で終えたとはいえ、プレスのかけどころが曖昧な守備でも、相手に振り回されてしまうことが多かった。

 この試合でフル出場した武藤嘉紀も試合後、「奇跡に近いんじゃないですかね。あれだけシュート打たれて、思うようにボールも回されて。前から行く戦術だったのに、全く行かずに……。全て後手後手で、よく負けなかったな、という印象」と振り返っていたが、その言葉通りの厳しい試合内容だった。
 
 誰もが、「早く安心できるだけの勝点が欲しい」と思っていることだろう。とはいえ、焦りは何ももたらさない。監督のサンドロ・シュバルツは、ハンブルク戦での不調を「クオリティーの問題ではなく、メンタル的なものだ」と指摘する。
 
 そして、「個別で、選手と話をする。緊張感だけではなく、リラックスすることとのバランスが重要だ。『ここからの毎試合は、ラストゲームのつもりで戦え!』というのでは、うまくいかない」と、平常心を保つことの大切さを訴えた。
 
 そうしたアプローチの効果もあったのだろう。ホームに2位シャルケを迎えた26節の一戦では、立ち上がりから攻守に躍動感のある勇敢なサッカーを披露。中盤からの激しいプレスの連続で、相手にスペースを与えずに、ほとんどチャンスを作らせなかった。
 
 攻撃でも、前半こそロングボールが多かったが、後半はサイドから相手を崩してチャンスも作り出した。
 
 シャルケのドメニコ・テデスコ監督も、この日のマインツに対しては、以下のようにそのプレーを褒めていた。
 
「特に前半はマインツが強く、とてもアグレッシブだった。相手の攻撃を分断するために、うちのFWには、相手のDF陣にパスを出させないように指示したが、うまくいかなかった」
 
「後半から入ったゴレツカが新しい刺激をもたらし、カリジューリの素晴らしいゴールで勝つことができたが、今日は相手の方が勝つべきチームだった。それでも、ここマインツで勝ち切れたことを、誇りに思う」
 
 確かに、内容的に良かった。だがこの日、手にした勝点は0。惜しい場面はあった。だが、この日も得点数も0……。
 
 シュバルツ監督は、「後半開始直後のビッグチャンス、PKかもしれないシーンもあった。失点後のシステム変更には、選手がうまく対応してくれた。だが、最後のパスの正確さ、それがうまくいかなかった。残念だ」と分析していた。
 やはり、ゴールが決まらないと最後の勢いは出てこないし、勝点に結び付かない。ここ8試合で5得点は、やはり少ない。
 
 FW陣は、それぞれ苦しんでいる。冬に新規加入したアンソニー・ウジャーは、まだチーム内で居場所を見つけたとは言い難く、長身FWのエミル・ベルグレーンは怪我がち。エースとして武藤にかかる期待は大きいが、ここ数試合では目立った活躍ができていない。
 
 いつでも精力的に動こうとはしているが、パスが欲しいタイミングや場所のイメージにおいて、武藤本人とチームメイトは、どこかズレてしまっているようだ。
 
 スペースに流れて受けようとしているのに、ロングボールが飛んでくる。足元で受けようと準備しているのに、パスが出てこない。相手を引きつけようとしているのに、足元にパスが出てくる……。