「伊予鉄」って、ご存じだろうか。愛媛県の人なら誰でも知っている、地元にはなくてはならない交通機関、「伊予鉄道」のことだ。松山市に本社をおき、鉄道や路線バス事業を展開している。

さて、この伊予鉄がこの頃、「オレンジすぎる」と注目を集めている。


伊予鉄道 報道資料より

何がオレンジなのかというと......画像を見ての通り、そのバスや電車の車体が、見事なオレンジ色。というより名物の「みかん色」にリニューアルされるのだ。

同社は2015年5月25日、「IYOTETSUチャレンジプロジェクト」を発表した。そこには「乗ってみたくなるような電車・バス」「観光振興への対応」「お客さま視点での安全・サービス向上」という3つの目標が掲げられており、「車両デザインの一新」が真っ先に挙げられている。

伊予鉄道(Hyougushiさん撮影、Flickrより)

これまでもオレンジ系統のカラーリングではあったが、それをさらに推し進める今回のデザイン一新。ロゴなども含めた変更に、いささか戸惑う声も聞かれた。

もっとも、この変化を評価する向きも少なくない。

郊外の駅は「半世紀前から時が止まってる感じ」もあるし、「目立つ単色塗装は存在感アピールには効果的だろう」という賛成派もいる。

いずれにせよ、新CIは着々と進められているようだ。

新塗装の路面電車も走り始めたようだ。