ふたりのサムライが、またしても躍動した。 現地時間8月4日、南野拓実と奥川雅也が所属するレッドブル・ザルツブルクは、オーストリア・ブンデスリーガの第2節、ホームでのマッテルスブルク戦に臨んだ。 7月26日に開催されたラピド・ウィーンとの開幕戦(2-0)でアベック弾を決めた南野と奥川は、4-4-2の両翼で先発起用。前者が右、後者が左のサイドハーフを務めた。 開始早々、いきなりこの両雄