ラーメン山岡家の公式サイト

写真拡大

大手チェーン「ラーメン山岡家」の店舗内で、冷水を入れたピッチャーに割り箸を入れて氷を挟んで取り出す様子を撮った動画が、X上で取り上げられ、批判が相次いでいる。

隣のテーブルにいた客が、「迷惑行為」として撮影し、TikTokに投稿したとみられている。店を運営する丸千代山岡家(札幌市)は、「完全に把握していませんので、言えることはあまりありません」と取材に答えたが、「常識の範囲内でお願いします」と話した。

「もう水も飲めん」投稿された動画にはこんなコメントが

1つ隣の窓側のテーブルで、黒縁メガネをかけた中年男性が手前の席に背中を見せて座っている。

左手で冷水を入れたピッチャーを持ち、右手に持った割り箸でピッチャーの中をかき混ぜていた。すると、氷を1つ箸でつまんで取り出し、コップに入れるような動きをした。男性は、この行為を4回ぐらい繰り返し、ピッチャーの中をのぞいて確認すると、ピッチャーのフタを締めた。その後は、左手でピッチャーを持ち、コップに水を注ぐような仕草をした。

「もう水も飲めん」。男性が新品の箸か使用中の箸かどちらを使っていたのかは分からなかったが、30秒ほどの動画には、こんなコメントが画面に映っていた。また、投稿先とみられるTikTokのアカウント名も入っていた。

この動画は、2024年6月3日にX上で取り上げられ、関心を集めている。

名指しされた埼玉県内の店舗は6日、J-CASTニュースの取材に対し、3、4日前に動画を見て自らの店だと知ったとして、次のように話した。

「今までにこんなことはなく、なぜこうした行為をしたのかと思います。たとえ新品の箸であったとしても、困りますね。他のお客様からは、清潔ではない行為だと見られてしまいます」

店はピッチャーを回収、清掃・消毒も行う

店では、拡散された動画は、隣のテーブル席にいた客が撮ってTikTokに投稿したとみている。この客からは、男性の行為を目撃した当日に店への報告はなかったという。

店内での行為だったため、店では、ピッチャーをすべて取り替えて、清掃・消毒の作業もしたと明かした。今後は、ピッチャーをテーブルに置かないようにし、毎回ピッチャーを洗浄していると貼り紙などでお知らせしたいと取材に話した。

店を運営する丸千代山岡家の関東事務所営業部は6月6日、取材に対し、こう説明した。

「Xで書かれた該当の店舗には、ピッチャーを1回回収して、洗浄・消毒をするよう指示をしました。うちとしても、完全に把握していませんので、言えることはあまりありませんが、新品の箸でもこうした行為がよくないのは常識の範囲内だと思っています」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)