太見えの原因“おブス姿勢”を改善。1日10回【細見えする体に導く】簡単習慣

写真拡大


背中が丸まった“おブス姿勢”は太見えの原因となるだけでなく、お腹や背中、さらには二の腕やお尻などに贅肉がつきやすくなるといった影響も与えます。そこで習慣に採り入れたいのが、“おブス姿勢”の改善に効果的なピラティスの簡単エクササイズ【リバースプランク】です。

🌼お腹“ぽっこり→ほっそり”。1日1セットでOK【美姿勢かつペタンコお腹】に導く簡単習慣

 

リバースプランク


主に背中の筋肉「脊柱起立筋」を強化できるエクササイズです。また、太ももの裏、二の腕などの筋肉の強化にもつながるので、全身のスタイルアップや代謝UPに効果を期待できます。

 

(1)両脚を伸ばして座って手を肩の真下に置き、脚の間は拳1個分の間隔を空ける

▲手の指先は下半身の方向に向け、足のつま先はリラックスして自然な状態にします

 

(2)一旦息を吸ってお腹を薄くし、お腹を薄くした状態のまま息を吐きながらつま先を伸ばして全身を持ち上げていく。肩からつま先まで一直線になったら、その状態を10秒間キープして(1)に戻る

▲お尻の位置が下がらないように、かかとで床を押しながら全身を持ち上げていきます

 

これを“1日あたり10回を目標”に行います。なお、実践中にお尻の位置が下がってきてしまうと「脊柱起立筋」や「大臀筋」などの筋肉を強化する効果が減ってしまうので注意。また、実践中は脇を締めていないと肩など余分なところに力が入ってしまうので、「きちんと脇を締めて行うこと」もポイントです。

姿勢の嬌正はもちろん、全身のスタイルアップや代謝UPなどダイエットの大きな味方となってくれるので、太見え&老け見えを回避するためにもぜひ習慣化してみてくださいね。<ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>