Fラン大卒でも年収1400万円の男性「学歴で不自由を感じたことなし。有名大卒の部下もいます」

写真拡大

キャリコネニュースの学歴をテーマにしたアンケートには、ほとんどの人が「学歴はないよりあったほうがいい」と回答してる。しかし一方で、学歴を「不要」とする人も。神奈川県の40代男性(IT・通信系/企画・マーケティング・経営・管理職/正社員・職員)は、こう切り出した。

「自分は服飾の専門学校卒ですが、今はテック企業のプロデューサーをやっていて、これまで元GAFAや早慶、東大卒も部下にいたりします」

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

専門学校卒だが、現在はテック企業のプロデューサーで年収2000万円

男性は、専門学校卒ながら年収は「2000万円以上」。仕事はITテクノロジーを活用したビジネスを行うテック企業に属している。自身の経歴を

「アパレルからエンジニアに転身し、その後プロダクトマネージャー、メガベンチャーの事業責任者、本部長などをやっています」

と綴っていた。大卒資格がなくとも有名大学出身の部下を持ち、活躍著しい男性。専門卒は「今となっては逆に売りになっています」と胸を張る。学歴コンプレックスは全くないようで、学歴自体を「不要」とするのも頷ける。

「学歴よりは職歴が重要だと感じております」

埼玉県に住む40代後半の男性は「大卒専門卒高卒で給与ベースが変わってしまうのでその意味では大卒が有利だと思います」としながらも、学歴は不要と回答。メーカー系(素材・医薬品他)で営業として働き、年収は1400万円だ。男性は自身の実感をこう語る。

「自身は俗に言うFラン大学卒ですが不自由は感じていません。有名大学卒の部下も多くおりますが能力と偏差値は全くの別物と感じており、学歴よりは職歴が重要だと感じております」

自身の学歴について不満はないそうで、「外資系企業なので卒業大学は気にしていない」ときっぱり。いわゆる“高学歴”については「国立大学、海外有名大学、慶応早稲田の出身者は学生時代に努力したんだなと感じる程度です」と、私見をさらりと語っていた。