「テレビで優希が映る姿を見たり、話題に上がると、どうしてもあの夜の事が頭によぎってしまうんです。あの日あの時、優希が彼を誘っていなかったら……ホテルに連れ込むなんてことをしなければ、彼と別れることになんてならなかった。彼女を決して許すことはできないという思いでお話しすることを決意しました」

【写真】この記事の写真を見る(9枚)

 心痛の表情を浮かべながら、「文春オンライン」の取材班に胸中を明かしたのは、新潟県に在住している会社員のA子さん。ここで話す“優希”とは「ラストアイドル」の人気急上昇メンバー・奥村優希(25)のことだ。


11月24日、「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)に出演した際の模様を伝える奥村優希(Twitterより)

 11月3日の夜、奥村は自身が宿泊している都内ホテルに、A子さんと当時交際していた一般人男性のB男さんを連れ込んだ。これがのちに発覚し、2人は破局。A子さんと奥村は仲の良い友人であり、2人が交際していることを奥村は知っていた。にもかかわらず、このような裏切り行為に及んだのだった。

“あざとい系”の対応でガチ恋のファンを量産

 ラストアイドルとは、テレビ番組「ラストアイドル」(テレビ朝日系)の番組内オーディションから誕生したアイドルグループ。2017年、秋元康が新しいアイドルグループのプロデュースを目的に、企画したオーディション番組だ。

 奥村は2期生として2018年10月に加入。今年11月4日に発売されたシングル「何人も」のリリースを記念して開催されたファン投票企画では、32人中1位に輝き、カップリング曲の選抜に抜擢されている。

「クリクリとした目が印象的で綺麗な顔立ちをしている奥村さんは、特に年齢層が高いファンの方から絶大な支持を集めています。元百貨店店員という社会人経験もあり、コミュニケーション能力にも長けている。イベントではファンを前に、まるで付き合っているかのようなセリフを自然と発言できる“あざとい系”の対応を見せ、“ガチ恋”のファンを量産しています。お金を多く使ういわゆる“太い”ファンが多くいることも、今回のシングル『何人も』のファン投票1位に輝いた背景にはあります」(スポーツ紙記者)

 今回告発したA子さんと奥村は、地元新潟県内にある高校の同級生で1年生の時には同じクラスだった。そして、A子さんと交際していたB男さんも同じ高校の同級生なのだという。

高校の頃から男子にモテて目立つ存在だった

 高校の同級生が学生時代の奥村について振り返る。

「奥村さんはクラスの学級委員長でバスケ部に所属していました。快活な性格で顔も可愛いため、当時から男子にもモテて目立つ存在でした。当時は同じ学校のサッカー部の同級生や先輩と付き合っていたこともあったので“恋多き女”という印象が強かったです。高校卒業後は新潟駅近くの伊勢丹で働いていましたが、気づいたらアイドルになっていて、地元の友人の間では話題になっていました」

「優希は仲の良い友人のひとりでした」とA子さんは言う。怒りに震えるA子さんはこう続ける。

「優希とは高校1年生の時に同じクラスで、学校では比較的よく話していましたし、学校終わりに買い物に行くこともありました。2年生の時にクラスが離れてしまったのですが、学校で顔を合わせれば話していましたし、卒業してからも半年に1度くらいは連絡を取り合って遊んでいました。よく恋愛相談に乗っていて、2人で新年の初売りに出かけたりしたこともありました」

高校卒業後にB男と奥村は交際。くっついたり別れたり

 A子さんとB男さんは2019年9月から浮気の事実が発覚する今年の11月まで交際していたが、もともとB男さんは奥村と高校卒業後すぐに交際していたという。

 前出の同級生が話す。

「B男と他の2人はクラスが一緒になったことはなく、接点はなかったのですが、高校卒業後、同級生を介してB男と奥村さんは交際に至ったそうです。ただ、2人の関係は長くは続かず、くっついたり別れたりを繰り返していました。一方で、奥村さんと別れた後にB男がA子さんと付き合うこともあり、三角関係のような状況になってしまった。そこから奥村さんとA子さんは疎遠になっていったようですね」

 今回、奥村とB男さんが密会していたのは、11月3日の夜。新潟県在住のB男さんだが、親戚の結婚式があるということで東京を訪れていた。翌4日、A子さんは東京から帰ってきたB男さんを迎えに行き、B男さんの家へ移動。そこで浮気の事実が発覚したという。

携帯が鳴り、《またいつかあそぼ!》というメッセージが

 その日のことをA子さんが振り返る。

「17時頃に東京から戻ってきたB男を新潟の地元の駅まで迎えに行って、そこからB男の家に行きました。東京から帰ってきてかなり疲れていたということもあって、すぐにB男は寝てしまいました。すると、寝てすぐくらいに彼の携帯が鳴ったんです。

 なんとなく覗いてみると《またいつかあそぼ!》というインスタグラムのダイレクトメッセージの通知が表示されていました。その送り主が優希だったんです。彼が優希ともともと付き合っていたことは知っていましたが、今でも連絡を取り合っているなんて。ましてや東京で会っていたということは聞かされていませんでした」

 その後、A子さんは寝ているB男さんを起こし、事実関係を問い詰めた。すると、B男さんは東京で奥村と会っていたことを認めたという。

 奥村と東京で会うことになった経緯については、「東京に行く数日前に奥村からインスタグラムのDMが来た」とB男さんは説明した。

「ファンに見られたらヤバいんじゃない?」「まあ大丈夫だよ」

「優希からB男に『久しぶり』とインスタグラムのDMが送られてきたようです。どっちから先に送ったのか、本当のところはわからないですが……。世間話をしているなかで、彼が『親戚の結婚式で東京に行く』と話をした時に、『ちょうど私も仕事で東京にいるよ。遊ぼう』って誘われたそうです。私にはその時、『関東にいる友達と遊ぶ』と言っていたんですけどね。

 結局、2人は東京で会うことになったわけです。B男の説明では、その日はまず、2人で外へ飲みに行ったそうです。そして飲み終わった後に、地方に住んでいるラストアイドルのメンバーが東京での定宿にしているホテルがあるそうで、優希も泊まっていたそのホテルに一緒に行くことになったのだ、と聞きました。アイドルという立場もあることから、『バレたり、ファンに見られたりしたらヤバいんじゃない?』とB男は優希に聞いたそうですが、『まあ大丈夫だよ』と優希が言ったので、ホテルに行ったそうです」(A子さん)

 浮気の事実が発覚した日は、B男さんと一緒にいたくないという気持ちから、すぐにA子さんはB男さんの家を出て行った。A子さんが何よりもショックだったのは、交際している事実を知りながらも、奥村がB男さんを誘いホテルに連れ込んだことだという。

 A子さんが続ける。

「B男もバカですが、優希はどんな気持ちで誘ったのか」

「私たちには共通の友人もたくさんいますし、優希は私とB男が付き合っていたことはもちろん知っています。さらに、DMのやり取りのなかで、優希が《バレて困るのはあなただから笑》《怪しまれないように頑張って》とB男に対して送っていたのを見て、優希に対して怒りがこみ上げてきました。誘われるがままにホイホイついて行ったB男も本当にバカですが、優希はどんな気持ちで誘ったのか……」

 翌11月4日は、ラストアイドルの9枚目シングル「何人も」の発売日だった。選抜に入っている奥村はその日に行われたシングル発売記念のYouTube生配信にも参加している。仕事があった奥村はB男さんよりも先にホテルを出て行ったという。

「密会の後、B男がDMで《今日の朝さ なんだか知らんけどさ お前が出て行った後さ なんか極限までムラついてさ AV見てた》と送ったのに対して、優希は《大きい音出して見てたら殺す笑》なんていう生々しいやり取りもしていたようです」(A子さん)

「ゆくゆくはB男と結婚したいなと考えていました」

 どうしても奥村とB男さんを許せなかったA子さんは、浮気発覚後、すぐに別れを切り出し、破局に至ったという。

「これがもし優希でなく他の人なら私も彼の一時の気の迷いだったのかもと、許せたかもしれません。ですが、浮気相手は私たちの関係を知っている優希だった。それがどうしても許せなかったんです。

 ゆくゆくはB男と結婚したいなと考えていました。それが優希によって別れなければいけなくなってしまった。今では、もう切り替えないといけないと思っていますが、やはり優希のことは許せません」(A子さん)

 所属事務所を通じて、事実確認を求めたが、期日までに回答は得られなかった。

「奥村さんの携帯でしょうか」「はい。そうです」

 記者は奥村の携帯電話にも連絡してみた。すると、奥村は電話に出た。

――突然すみません。奥村さんの携帯でしょうか。

「はい。そうです」

――事務所にも問い合わせはしているのですが、B男さんの件で。

「はい」

――11月3日に奥村さんが宿泊しているホテルにB男さんと一緒に行かれましたよね。

「……ホテルには行ってないですが……」

――B男さんには会った?

「……はい。同級生なので……すみません。勝手に言うと怒られちゃうので事務所に確認します。すみません。失礼します」

 奥村はこう言って、電話を切った。

 一方、B男さんにも電話をかけたが、「(奥村には)会ってないです」の一点張りだった。

 親友だった奥村の裏切りによってパートナーを失ったA子さん。目を真っ赤にして訴えるA子さんの心の傷が癒えるにはまだ時間がかかるのかも知れない。

 12月19日(土)21時から放送するYouTube「文春オンラインTV」では、担当記者が取材の裏話を解説する。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))