東国原英夫氏

写真拡大

14日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で東国原英夫氏が、東京都議会議員・音喜多駿氏の発言に厳しく詰め寄る場面があった。

番組では「小池都知事 知事給与半減条例案成立 どうする!?都議」と題し、東京都知事・小池百合子氏の給与半減条例案が、成立したことを取り上げた。条例案の成立により、これまで約2900万円だった給与は、約1450万円へと減額。都議会議員の議員報酬、約1700万円を下回ることになった。

この話題に、スタジオ出演していた音喜多氏は、議員報酬や政務活動費の減額、費用弁償の廃止に賛成していることを説明した。

すると、土田晃之が「お金減らすのと、議員の数を減らすのは、どっちがよかったりするんですか?」と、音喜多氏に疑問をぶつけた。これに対し、音喜多氏は「いろんなご意見ありますが、どっちもやれという人もいます」と答えたが、曖昧な表現に留めた音喜多氏とは逆に、東国原英夫氏は「お金だね」と断言した。

ここで、和田アキ子が「議員ってなんでみんな、何かあっても辞めようとしないんですか?」「本当においしいんですか?」と斬り込んだ。

音喜多氏は「辞めてしまうとほかにできることがない、(政務活動が)生活になっちゃってるんですよ」と説明。本来であれば優秀な人材が議員となるため、辞職しても職に困らないはずだとしたうえで「生活の糧になってしまっていて」「ずっと議員やってるから、それしかできない(人もいる)」と話した。

すると東国原氏は「生活の糧っていいましたよね?」と厳しい顔で指摘。「だからダメなんだよ」「議員が生活の糧に議員をしてるから」「だからダメなんですよ!」と声を荒らげ、音喜多氏を激詰めしたのだ。

さらに東国原氏が「イチから出直したほうがいいわ!」と容赦なく斬り捨てると、音喜多氏は「すいません」「おっしゃる通りです」と頭を下げていた。

【関連記事】
東国原英夫氏 鳥越俊太郎氏の都知事選に落胆「ガッカリしました!」
元大阪府知事・太田房江氏 東国原英夫氏に泥酔エピソードを暴露され「NO」
東国原英夫氏がアンチのネット住民とガチ討論「引退しちゃえば」