相撲界のロボコップこと、高見盛関(33)は昨年Lカップアイドル松坂南(26)との熱愛が報道された。しかし、今年に入り早くも破局報道が流れたのだ。彼は横綱白鵬の結婚披露宴に出席した際に記者からその件を追求されてショックを隠すことができなかった。

2月28日放送のテレビ「アッコにおまかせ!」で紹介された内容だ。
紋付はかまで横綱白鵬の結婚披露宴に出席した高見盛は、記者からのインタビューに答えた。

内容はDVD「暴れ乳」を発売した巨乳アイドル松坂南との一件についてだ。
記者から
「最近、巨乳の方が好きという噂がありましたけど」
と質問された高見盛関は
「ちょっと腕が武器化してきた・・」
と記者を笑顔でにらんだ。
”武器化してきた”とは、ロボコップをしゃれたつもりだろう。
彼なりに『苛立ち』を表現したかったようだ。

その後で彼は
「好きになったらそれでOKと思った」
と神妙な顔で答えた。
記者から
「失敗する場合もあるわけじゃないですか?」
と諭された彼は
「まあ。それはオレがバカでした」
とうつむいた。
「忘れて前に進んでいるんですよね?」
と記者は彼が諦めたのかどうか確認した。

高見盛は
「まだ!まだ生きてりゃ、やりなおしきくんで!」
と自分に言い聞かせるように何度もうなづきながら答えた。
かなり、落ち込んでいる表情だ。

記者がさらに
「最近の失敗は糧になりましたか?」
と追求すると彼は、
「あのねーーーっ」
とため息をつきながら
「ちょっと辛く・・・」
と言いながら右手で頭を抱えた。
「色々言われれば、言われるほど辛くなってくるんで・・」
と遂にはしゃがみこみ、両手であたまを抱えてしまったのだ。
それからしばらくは、その状態のまま動かず、
ロボコップが機能停止したかのような状態になっていた。

相撲取りとして稽古一筋でやってき高見盛関にとっては、
今回の破局はかなりダメージが大きかったのだ。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)【関連記事】
内館牧子が独占インタビューで本音?「朝青龍、愛らしいところがある」。
朝青龍、吉田沙保里、杉山愛。アスリートに共通の弱点は「アレ」?
さんま仰天。水嶋ヒロの欠点はアソコだった。
正念場再び?有吉弘行に襲い掛かる悲劇と現れた天敵。
デートでイタ飯は厳禁? Perfume・あ〜ちゃんはニンニクが苦手
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!