1983年の登場以来、約40年間愛されてきたエースコック「わかめラーメン」

写真拡大

カップラーメンの1ジャンルを築いた、エースコックの「わかめラーメン」。その登場は今から約40年前の1983年のことだが、当時のカップラーメン市場では“わかめをのせたラーメンは売れない”というのが定説だったという。

【写真】まさかの“麺なし”「わかめラー」。発売当時はかなり好評だったとか

しかしそんな定説を覆すように、今ではスーパーやコンビニに当たり前のように並ぶ存在に。一体どんな理由で、ここまでの人気者になることができたのだろうか。

今回は、2023年で40周年を迎える「わかめラーメン」の秘密を探るべく、エースコック株式会社 マーケティング部 商品開発グループの湯前翔さんに話を聞いた。

■「こどもの日」によく売れる?「わかめラーメン」開発秘話

“わかめをのせたラーメンは売れない”…その定説から、業界ではまだまだ評価が低かったが、当時の開発スタッフは“健康志向のラーメン作り”に徹し、それまでの他社商品とは違う「わかめラーメン」を目指したそう。

わかめがのっているということだけに驕らず、魚介エキスを使いコクのあるスープを採用し、コーン、メンマといった具材にもこだわりながら、“健康志向”という理由からゴマなども加えた。もちろん、これらに合うフライめんを徹底的に選定。

この結果、発売1年目から大ヒットに。今日までカップラーメンの代表の1つとなり、同社の『ワンタンメン』『スーパーカップ』に並ぶ看板商品となった。

「主役とも言えるわかめですが、食感や味わいをポイントにわかめを厳選しています。また、発売以降は大きな味わいの変更をすることなく、『昔ながらの味』を今日まで変えずに製造しています」

ちなみに発売当時のテレビCMでは、俳優の石立鉄男さんが出演。<わーかめ好き好き>というBGMをバックに、全身を使って巨大うちわをあおぎ、その傍らには新体操のリボンの女性たちがしなやかに舞っていた。

「今の50〜60代の方は覚えていらっしゃる方も多いと思いますが、石立鉄男さんのおかげで『わかめラーメン』を多くの方に知っていただけたと思っています。現在はそのリバイバルとして柳沢慎吾さんにご依頼し、このテレビCMもとても評判になっています」

また、湯前さんによると、カップラーメンが年間で最も売れる時期は冬だというが、「わかめラーメン」に関しては冬だけでなく、春や「こどもの日」などでも売れるんだとか。なぜピンポイントで「こどもの日」なのだろうか?

「新わかめが出てくる2〜3月から春にかけては『わかめラーメン』がよく売れますね。特に5月5日は『こどもの日』であると同時に『わかめの日』でもあり、この時期も需要が見込まれます。また、『わかめラーメン』はもちろん人口の多い東京や大阪でもよく売れていますが、人口と販売構成比を加味して考えると、よく売れているのが東北地方や山陰地方です。東北地方の各県や、山陰地方の鳥取や島根はわかめの消費量が多い地域で、わかめに馴染み深い土地であることから『わかめラーメン』を選んでくださる方が多いのだと思います」

■もはや“わかめだけ”も?実は数々の姉妹品が!

「わかめラーメン」の定番の味は発売当時から変わらない「ごま・しょうゆ」「ごま・みそ」だが、約40年の間に出た姉妹品や限定品はなんと80種以上におよぶ。

「『ごま・しょうゆ』『ごま・みそ』に次ぐ“第3の味”として、1984年に『ごま・白湯』、その後も『梅風味・しお味』『チゲ味』なども発売しました。いずれも『わかめラーメン』の姉妹品・限定品でしたが、こういった商品が80種類以上あります」

これら多彩な姉妹品・限定品のなかにはかなり挑戦的な商品もあり、「3.5倍ものわかめを採用した『わかめラーメン』」や「麺を抜いたわかめだけのもの」もあったという。

「35周年の際に『35』にかけて発売した『わかめ3.5倍』という商品がありました。大盛りサイズのカップを採用し、わかめをどっさり入れたのですが、非常に好調でしたね。また、『もっとわかめを食べたい』というお客様の声を反映し、レギュラーサイズにわかめを入れるだけ入れ、麺を抜いた商品『わかめラー』というものを販売したこともありました。『わかめラー』は姉妹品・限定品80種のなかでも発売月の出荷数が1番の商品で、引き算の発想がお客様にウケたのだと思っています」

また、人気ラーメン店とのコラボによるカップラーメンを多数商品化しているエースコックだが、「わかめラーメン」にかぎっては、39年間ずっとラーメン店とのコラボ商品を展開することがなかったという。

しかし今年、ついにラーメン店とのコラボを解禁し、「人気ラーメン店とつくるわかめラーメン」として「塩味」「カレー味」を発売した。

「『塩味』は埼玉・新座の人気店『ぜんや』さんからアイデアを得て、ホタテの旨味をしっかり利かせた塩ラーメンに。また、『カレー味』は北海道・苫小牧の“元祖カレーラーメン”と言われる名店『味の大王』さんからアイデアを得て、味噌とガーリックの風味を利かせたスパイシーなカレーラーメンに仕上げました。『人気ラーメン店とつくるわかめラーメン』は2022年秋限定の商品ですが、今後も第2、第3のコラボ商品を作っていけたらいいなと思っております」

■さらなる飛躍を目指す「わかめラーメン」

昭和世代にとっては懐かしく、平成世代にとっては今こそ馴染み深いであろう「わかめラーメン」。来たる2023年の40周年に際し、どんな思いを抱いているかを湯前さんに聞いた。

「約40年、多くの方にご愛顧いただいた『わかめラーメン』ですが、発売当時からのベーシックな味わいはしっかり守りながら、今後は新しいことも取り入れつつ、さらに多くの人に親しんでいただける商品になるよう飛躍していけたらと思っています。エースコックの看板商品である『わかめラーメン』、そしてこの商品の1番のアイデンティティである『わかめ』により一層着目して開発していきたいと思っています」

取材・文=松田義人(deco)