コロナ感染が原因による「ママ友いじめ」か(Getty Images)

写真拡大

「自分のせいで娘と学校に迷惑をかけてしまった。申し訳ない」。1月15日、新型コロナウイルスに感染した都内在住の30代の主婦が、こんな謝罪の言葉をメモに残し自ら命を絶った。コロナ禍で女性の自殺が急増。多くが経済的な不安が原因とみられていたが、この女性の“遺書”が新型コロナの新たな問題を浮き上がらせた。

 女性は東京近郊のベッドタウンで、夫と小学生の娘と暮らしていた。新型コロナが日常を奪ったのは、今年の初めのこと。まずは夫が勤務先で濃厚接触者となり、PCR検査を受けたところ、陽性と診断された。夫はホテルで療養することになり、その後、1月8日に女性と娘も感染していることが発覚して2人は自宅療養となっていた。

 14日に夫が宿泊療養を終えて帰宅したものの、その自宅では妻と娘が療養中。久しぶりの再会をがまんし、夫は別の部屋で眠りについたという。妻と娘が回復すれば、また元の日常が訪れる。そう信じていたのかもしれない。

 しかし翌日、その願いは最悪の形で打ち砕かれた。その日、妻の部屋は朝から静まり返っていた。不審に感じた夫が部屋のドアを開けると、変わり果てた妻の姿があったという。生前には「娘が学校でコロナを広めてしまった可能性がある。娘の居場所がなくなるかもしれない」と夫に不安を口にしていたという。

「彼女は、子供が周囲からいじめられると恐れていたようです。そう考えたのは、彼女自身が、ママ友から強く当たられていたからだといわれています。都内の小学校ではクラスターが発生しており、感染者に敏感。ママ友のグループLINEでは“感染者通報板”のようなものがあり、吊るし上げられるケースもあるそうです」(全国紙社会部記者)

 このニュースに、世の母親たちは敏感に反応している。都内在住の40代主婦は、「亡くなった女性の気持ちは痛いほどわかる」と話す。

「私も昨年12月にコロナに感染したのですが、ママ友のひとりに話したら、あっという間に話が広まったんです。直後、ママ友グループからは明らかに距離を置かれました。息子は小学6年生で、同級生には中学受験組も多い。“こんな大事な時期に感染するなんて、何を考えてるんですか!”と厳しい言葉をぶつけてきた人もいました。

 うちの地域は私立中学より、都立の中高一貫校を受験する子が多いんです。都立校は感染者への追試験は行われず、この時期に感染したら、その時点で受験終了。検温で37.5℃以上あったら試験会場から追い出される。感染者は受験を終わらせる“地獄の使者”なんです」

 亡くなった女性は、死を選んだ方が楽だと思えたほど追い詰められたのだろうか。

 コロナ禍で女性の自殺者数が増えている。2020年の自殺者数(速報値)は男性は前年から微減(135人減)したが、女性は6976人で前年から885人増えている。精神科医で茨城県精神保健福祉センター長の佐々木恵美さんのもとには、主婦からの相談が増えているという。

「家族が自宅で過ごす時間が長くなり、家事など主婦の負担は増えています。昨年の臨時休校の再開後に、不登校になってしまった子供の相談も増加しました。こうしたさまざまな要因が重なり、女性の中でも特に子供がいる母親が大きなストレスを抱えているんです。その状況で感染してしまうと、不安に押しつぶされてしまうかたも少なくはないようです」(佐々木さん)

 もし感染してしまったら、どのような「心の保ち方」をするべきなのか。

「日本では感染者への差別や攻撃が起きやすく、亡くなったかたのように“周囲に迷惑をかけてしまった”“申し訳ない”と思ってしまう人も多い。しかし、どんなに気をつけていても感染は起こり得る。感染しても自分を責めずに、“悪いのはウイルスだ”と思うように心がけてください。つらいときはひとりで抱えず、周囲や公的機関などに相談してください。ママ友など周りの人が感染した場合も同様に、責めたりせずに、あたたかい言葉をかけてあげてほしい」(佐々木さん)

 もはや、いつ誰が感染してもおかしくはない。正しい知識と思いやりの心を備えておきたい。

※女性セブン2021年2月11日号