eスポーツ注目の『ぷよぷよプログラミング』(C)SEGA

写真拡大

セガのアクションパズルゲーム『ぷよぷよ』のソースコードを使ってプログラミング学習ができる『SEGA CHALLENGE! ぷよぷよプログラミング(以下、『ぷよぷよプログラミング』)』が、「第17回日本e-Learning大賞」において、日本電子出版協会会長賞を受賞、2020年11月11日(水)に開催された「eラーニングアワード2020フォーラム」にて表彰式が行われた。

日本e-Learning大賞は、一般社団法人e-Learning Initiative Japanが主催する企業・学校・自治体などにおける、e ラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリューションの中からとくに優れたものが選出されるアワード。
経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省の4つの大臣賞が付与されるアワードは教育をテーマとしたものでは他に例がなく、毎年大きな注目を集めている。
このたびの日本電子出版協会会長賞受賞は、プログラミング学習にアクションパズルゲーム『ぷよぷよ』を取り入れることにより、親しみやすい操作による学習を可能としたことが評価されたものだ。

◆『ぷよぷよプログラミング』とは?
『ぷよぷよプログラミング』は、アシアルが提供するプログラミング学習環境『Monaca Education』において、HTML5 やJavaScript で記述された『ぷよぷよ』のソースコードを書き写す作業(写経)を通して、プログラミング学習できる教材。
製品版と同じ画像素材を利用して、実際に『ぷよぷよ』のプレイ画面を確認しながらコーディングを行うことができる。
初級コースから中級・上級コースまでの難易度を用意しており、幅広い学習層に活用できる。
また、クラウド環境でOS に依存しないため、インターネット環境があれば自宅や教育機関、公共施設が保有する既存PC による学習や指導が可能になっている。
なお、本コンテンツは無料でご利用いただくことができる。
2020年6月の提供開始以来、『ぷよぷよプログラミング』の登録者数は2万5000人を突破している。

>>>『ぷよぷよプログラミング』サンプル画像など

(C)SEGA