指揮をするすぎやまこういち氏

写真拡大

 10月27日、政府は2020年度の文化功労者20人を選出した。その中で、一般の人に馴染みがあるのは、人気ゲームソフト『ドラゴンクエスト』の音楽を担当した作曲家のすぎやまこういち氏(89)だろう。これで「無冠の帝王」が返上できたと喜ぶご本人に、ドラゴンクエストにまつわるエピソードを語ってもらった。

 ***

 すぎやま氏は、1986年発売の『ドラゴンクエスト』から、2017年発売のシリーズ本編最新作『ドラゴンクエストXI』まで、一貫してシリーズの全楽曲を手がけている。初代『ドラゴンクエスト』の楽曲を手がけた際には、初めからオーケストラ音楽で作曲し、それを3トラックにまで落とし込んでゲームに使っていた。オーケストラに想いを寄せるすぎやま氏は現在、青少年のオーケストラ入門になればと、自ら指揮をして東京都交響楽団を中心に日本各地でコンサートを行っている。2016年には、最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家として、ギネス世界記録にも認定された。

指揮をするすぎやまこういち氏

 改めて経歴をご紹介すると、東京大学教育学部を卒業後、文化放送、フジテレビ勤務を経て作曲家に。黄金時代の「ザ・タイガース」や「ザ・ピーナッツ」の曲を手がけた。「亜麻色の髪の乙女」など多くのヒット曲、CM、アニメ、映画音楽、器楽曲、競馬のファンファーレなど幅広いジャンルの音楽を発表している。

 初めてゲーム音楽を作曲したのは、1985年。同じ年、エニックス(現・スクウェア・エニックス)が発売したパソコンゲームソフト『森田和郎の将棋』をすぎやま氏が試したところ、序盤の駒の組み方に分かりにくいところがあったため、ソフトに添えられてあったアンケートハガキに感想を記入したことがきっかけだった。

「アンケートハガキを投函せずにそのまま放っておいたら、うちのかみさんが見つけて、投函したんです」

 と語るのは、すぎやま氏ご本人。

 筆名が平仮名だったので、エニックスのプロデューサーは、小学生からハガキが来たと思ったそうだ。

「異分子」

「スタッフの中に、僕のことを知っている人がいたので、電話がきました。ゲーム音楽の依頼でした。すぐにお受けしました」

 SF漫画のゲームソフト『ウイングマン2−キータクラーの復活−』の作曲を担当することに。それが縁で、当時、エニックスが開発中だった『ドラゴンクエスト』の音楽も依頼されたという。

『ドラゴンクエスト』の開発には、ゲームソフトメーカーの「チュンソフト」(現・スパイク・チュンソフト)の中村光一氏が携わっていた。当時、21歳だった中村氏は、54歳のすぎやま氏と初めて会った時、「異分子」に見えたという。

「中村さんは、僕がゲーム音楽を真剣にやってくれないんじゃないか、という先入観を持っているようでした。それで、バックギャモン(ボードゲーム)から始まって、ゲームにまつわる話を色々としました。当時、僕は日本に2台しかなかったビンゴ・ピンボールにはまっていて、横浜の船員用の居酒屋まで出かけて遊んだことなどを話すうちに、中村さんにも負けないゲーム好きだということがわかって、意気投合しました」

 すぎやま氏は、物心ついた頃から双六などのゲームが好きだった。「ドラゴンクエストシリーズ」では、キャラクター全員を最大レベル99まで上げたり、1つのタイトルに100時間以上費やしたりするなど、筋金入りのゲームマニアである。今も日本バックギャモン協会名誉会長を務める。

「ドラゴンクエストの音楽を手がけるにあたり、中村さんにゲームの世界観を聞いたところ、“中世ヨーロッパの騎士物語のような世界”というので、それならばクラシック系がふさわしいと思いました。一部の報道で、ワグナーの『ニーベルングの指輪』にヒントを得たと書かれていましたが、ワグナーはまったく関係ありません」

「5分プラス55年」

 最初の曲、『序曲』はあっという間にできたという。

「気分が乗っていたので、『序曲』のメインメロディは5分で作曲しました。ピカソが80歳の時、1分で絵を仕上げて高い評価を受けたので、彼は『1分+80年』と言った。名言だなと思いました。それで、ピカソを真似て、私の場合は『5分+55年』にしました。『ドラクエI』のすべての楽曲は1週間で作曲しました」

『ドラクエII』は87年、『ドラクエIII』は88年、とシリーズを重ねて行き、2017年の『ドラクエXI』まで、すぎやま氏が作曲した楽曲は全部で500曲以上に及ぶという。新しいシリーズが出るたびに、オーケストラで演奏し、CDに収録した。

「ドラクエの楽曲をオーケストラで演奏したことで、ゲームをしない人も、ドラクエの音楽を知るようになりました。本当にありがたいことですね。2016年1月に、最高齢でゲーム音楽を作曲したとしてギネス記録となりましたが、今も、年々更新中です。まあ、このままボケない限りは、作曲を続けようと思っています。当面は、卒寿(90歳)が目標ですね」

週刊新潮WEB取材班

2020年11月8日 掲載