お腹周り&背中&二の腕を一挙に引き締め。いつの間にか【ほっそり上半身】に導く簡単習慣

写真拡大 (全4枚)


食べ過ぎているつもりはないのに、気がつくとお腹がぽっこりしてしまうという方は少なくないと思います。その原因の1つが疲労や運動不足による姿勢の悪化。そんな方こそ習慣に取り入れたいのが、背筋を伸ばしつつお腹周りの筋肉の強化に効果を期待できるヨガの簡単ポーズ【ダンダ・アーサナ(杖のポーズ)】です。早速やり方をチェックしてみましょう。

▶︎お腹ぽっこりの予防に◎ 痩せやすい体を作りながら【オンナ度高めの上半身】を作る簡単習慣

 

【ダンダ・アーサナ(杖のポーズ)】

床に骨盤を立てて座り、手で姿勢をキープしつつお腹に力を入れるだけのシンプルなポーズですが、お腹痩せはもちろん、姿勢の改善、さらには腕や脚の引き締めまで効果を期待できます。

 

(1)床に両脚を伸ばして座る



 

(2)骨盤を床に対して垂直に立ててお腹を締め、両かかとをぐっと蹴り出し、両手のひらで床を押すようにして両手両脚を伸ばして3〜4呼吸キープする



 

なお、しっかりと効果を得るためにも、「体が後ろへ傾いている(下写真上)」、「両脚のつま先を伸ばしてしまう(下写真中)」、「両ひざが伸びていない(下写真下)」といった姿勢はNGとなります。



実践時は「骨盤をしっかり立て、かかとを突き出し、両脚は曲げない」ことを必ず心がけましょう。

 

この【ダンダ・アーサナ(杖のポーズ)】を実践していくことで全身の柔軟性も増していきますし、血行促進によるダイエット効果も期待できます。華奢感を引き立てる【スラリとした上半身】を手に入れるためにも、ぜひ毎日のボディケア習慣の1つに取り入れてみてくださいね。<text:本田香 photo:カトウキギ ヨガ監修:Minami(インストラクター歴2年)>