1月24日、千葉県野田市で小4女児が死亡し、父親が傷害の疑いで逮捕された事件。父親が事件の2日前の22日から、インフルエンザの症状を訴えて仕事を休んでいたことが分かった。当時、女児も学校を長期欠席し一緒に自宅にいたとみられ、警察は暴力を振るわれたいきさつなどをさらに調べている。NHKニュースが報じた。

小4女児死亡 父親は事件2日前から欠勤 一緒に自宅にいたか(NHKニュース)