ギレルモ・デル・トロ

写真拡大

米Amazonは、映画『パシフィック・リム』の脚本を共同執筆したギレルモ・デル・トロとトラヴィス・ビーチャム、『スタートレック』シリーズのレネ・エシェヴァリアが手掛ける『Carnival Row(原題)』を含む5本のパイロット版の製作を発表した。米Deadlineが報じている。

【関連コラム】脚本家から考えるパイロットの傾向とは? 凄腕プロデューサーほど異性と組む!?

『Carnival Row』はビーチャムが10年以上温めていた企画。エシェヴァリアはパイロット版の脚本を執筆し、ショーランナーを務めるほか、デル・トロやビーチャムとともに製作総指揮も担当する。作品の舞台は、18世紀のロンドンにそっくりな「バーグ」と呼ばれる未来都市。人間とほかの生き物が共生するこの街に、連続殺人犯もいるという設定とのこと。

残る4本は、『ギルモア・ガールズ』のクリエイター、エイミー・シャーマン=パラディーノが、女性初のスタンドアップコメディアンを目指す1950年代の主婦を描くドラマ『The Marvelous Mrs. Maisel(原題)』、『トランスペアレント』の脚本家、ミカ・フィッツァーマン=ブルーとノア・ハープスターが描く、音楽雑誌Rolling Stoneに掲載された記事を元にしたコメディ『The Legend of Master Legend(原題)』、革命前のキューバのキャバレー「トロピカーナ」を舞台に、革命家カストロやアメリカのCIAが登場するドラマ『Tropicana(原題)』、監督ケヴィン・マクドナルド(『ラストキング・オブ・スコットランド』)、脚本マット・シャルマン(『ブリッジ・オブ・スパイ』)のタッグで最愛の妻を亡くした男の残りの人生を描く『Strange New Things(原題)』という内容だ。(海外ドラマNAVI)