世界4大ミスコンテストの一つ、ミス・インターナショナルの日本代表を選出する大会が3日、都内で行われ、岩手県出身の山形純菜さん(21歳、実践女子大3年生)が勝ち取った。今年で55回目を迎えた同コンテスト。今年は25名の美女たちが、最終選考会に駒を進めていた。着物、水着、ドレス審査へと続き、最後は、審査員や来場者に向けてのスピーチが披露された。外見的な美しさだけでなく、内容や話し方について判断されるプログラム