Windows 7、Windows 8/8.1などからの無償アップグレードが発表された次期OS「Windows 10」の発表から一夜明けて、Microsoftが次期Officeである「Office 2016」を2015年後半に発売予定であることを明らかにしました。なお、Office 2016はモバイル端末では無料になるとのことです。

The next chapter of Office on Windows - Office Blogs

http://blogs.office.com/2015/01/22/next-chapter-office-windows/

Windows 10の最大のテーマは、PC・スマートフォン・タブレット端末をシームレスにつなぐこと。そのために共通のソフトウェア「Universal App(ユニバーサルアプリ)」が導入されることになっています。もちろんOffice 2016でもPCだけでなく、キーボードやマウスを使わずにモバイル端末でも使いやすいことが大きなウリになっています。

Windows 10用のWordはこんな感じ。作成したWordドキュメントは、リアルタイムで同期可能なので、複数人での編集作業が捗ります。



Windows 10用のExcelではモバイル端末での使い勝手に最大限に配慮したタッチ操作が可能。



スマートフォンで見るPowerPointのスライドショーは、プレゼンテーションの練習にも便利そうです。



浮かんだアイデアはスマートフォンで即、OneNoteへ。ToDoリストはもちろんチームで共有する「メモ帳」としても使えます。



「かつてないほど簡単でパワフルになった」とMicrosoftが話すのがOutlook MailとOutlook Calendar。表や画像を簡単に挿入でき、当然、タッチ操作に対応しています。



なお、新しいOfficeがタブレット端末でどんな感じで使えるのかは、以下のムービーで確認できます。

First look at Office for Windows 10 - YouTube

Office 2016は、次にリリースされるWindows 10テクニカルプレビューにプリインストールされる予定となっています。

Office 2016はスマートフォン・タブレット端末のWindows 10にプリインストールされ無償で提供されるとのことで、モバイル端末市場を獲りにきたMicrosoftの本気度が伝わってきます。Office 2016は、2015年後半に提供される予定です。