中国発表の白書 「うそばかり」台湾反発

写真拡大

(台北中央社)中国が10日、台湾問題に関する白書を公表したことを受け、台湾で対中政策を担当する大陸委員会は同日、声明を発表。白書は「希望的観測や事実を無視したうそばかり」だとして、中国側に対し厳正に抗議すると表明した。

同委は「両岸(台湾と中国)は互いに隷属しない」を堅持し、中国が掲げる「一国二制度」を固く拒否するとの立場を示した上で、「これこそ台湾海峡の現状と事実」だと訴えた。

中国が台湾関連の白書を発表するのは2000年以来。白書では、「平和統一のため最大限の努力を続ける」としつつ、台湾への武力行使を放棄しない姿勢を改めて強調した。

(沈朋達/編集:羅友辰)