乳幼児の肺炎引き起こす「RSウイルス」患者急増 重症化リスクも

ざっくり言うと

  • 乳幼児の肺炎などにつながる感染症「RSウイルス」の患者が急増している
  • 例年は秋から冬に流行し、今の時期になぜ流行しているのかは不明
  • 幼児期以降は軽い症状が多いが、早産児や6カ月未満の乳児は重症化しやすい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x