「軽だから軽油」なぜ勘違い? 減らない「燃料入れ間違い」 エンジン始動するとどうなる?

写真拡大 (全2枚)

ガソリンと軽油の誤給油で何が起きる?

 セルフ式ガソリンスタンドの普及が進み、給油を自分でおこなうことはいまや珍しいことではなくなりました。その一方、燃料の入れ間違いによるトラブルも発生しているといいます。

緑、赤、黄色。それぞれの燃料種類とは?

 JAFによると、2018年12月1日から31日の1か月間に「燃料入れ間違い」による救護要請は、一般道と高速道を合わせて390件発生しました。

【画像】 令和に残る国産車燃費ランキングワースト3!

 また、過去のJAFの調査では、「軽自動車は軽油(を入れるものである)と思った」という、ユーザーの声もあったということです。

 普通車であるか軽自動車であるかは燃料種類にはまったく関係なく、ガソリン車に用いる燃料は「レギュラーガソリン」か「ハイオクガソリン」で、ディーゼル車に用いる燃料は「軽油」となります。

 万が一ガソリン車に軽油を入れると何が起きてしまうのでしょうか。

 整備工場のスタッフは、燃料の入れ間違いをした場合について、次のように説明します。

「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンでは、そもそも構造上の違いがあることから、最適な燃料を入れないとエンジントラブルの元となります。

 ガソリン車に誤って軽油を入れた場合、最初はガソリンタンク内に残っているガソリンと混ざって燃焼します。

 しかしそのうちに、次第に軽油の比率が増えて不完全燃焼によってパワーが落ちてマフラーから黒煙が出るなどの症状が発生し、最終的にはエンジンが停止します。

 一方、ディーゼルエンジンにレギュラーガソリンを入れた場合、レギュラーは軽油よりも潤滑性が低いことや、燃料方式の違いにより、エンジンを損傷させる可能性が高いです」

 どちらの場合も、ガソリンと軽油の誤給油に気づいたらエンジンを始動させず、ディーラーやJAFに相談するのが望ましいといえます。

 ちなみに、レギュラーガソリンとハイオクガソリンはどちらもガソリン車用の燃料ですが、オクタン価という添加物の割合を示す数値が異なり、オクタン価が高いのはハイオクガソリンの方です。

 日本では、オクタン価の数値が96以上をハイオク、それ未満で89以上のものがレギュラーとなっています。

 レギュラー車にハイオクガソリンを入れても大きな問題はありませんが、ハイオク車にレギュラーガソリンを入れると、性能低下や燃費悪化が懸念されるほか、年式が古いクルマの場合は稀にノッキング(異常燃焼)が起きる可能性もあるので、ハイオク車にはハイオクガソリンを給油するのが望ましいです。

 それではここでクイズです。

 ガソリンスタンドのノズルの色は、ハイオクガソリンが黄色、軽油が緑色です。では、レギュラーガソリンのノズルは何色でしょうか。

【1】赤色

【2】黒色

【3】白色

【4】紫色

※ ※ ※

 正解は【1】の赤色です。

 前述のように、ガソリンと軽油の誤給油はとくに重大なトラブルの原因となります。セルフ式ガソリンスタンドでは、十分に注意して給油しましょう。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定