聖徳太子の一族が焼き打ちされた?痕跡を奈良・斑鳩宮で再発見

ざっくり言うと

  • 奈良県斑鳩町で、聖徳太子が造営した斑鳩宮の壁土の破片が見つかった
  • 破片には、643年に太子の一族が焼き打ちされた際についた痕跡があったそう
  • 約80年ぶりの発見で、研究者も「古代史の大事件を裏付ける貴重資料」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x