イジリー岡田、伝説の番組が終わり“高速ベロ”封印!結果、収入がなくなり超極貧生活

写真拡大 (全4枚)

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。

6月29日(月)放送の同番組では、ベテラン芸人・イジリー岡田が登壇。「求められているベロのペロペロを封印したら、どん底に落ちて人生ヘロヘロの先生」として授業を行う。

◆特技“高速ベロ”を遠隔”で繰り出す!

特技の“高速ベロ”を遠隔で披露し、カメラの奥にいる生徒・ゆきぽよをペロペロしながら教室に登場したイジリー岡田。

標的となったゆきぽよは悲鳴をあげるが……実はイジリー、この高速ベロを封印した結果、8年間ほぼ仕事がなかったという事実を激白。

そんなしくじりを引き起こしてしまったのは、“やりたいこと”と“求められていること”の違いに気づいていなかったからだと猛省する。

現在、世間から“エロキャラ”として認知されているイジリー。

しかし元々は、下ネタは大の苦手。ファミリーで笑ってもらえるようなやさしい芸風を志しており、イジリーという芸名にもエロい意味はなく、観客を盛り上げる“素人イジリ”が上手だったことが由来だと明かす。

ところが、芸歴5年目に伝説のお色気番組『ギルガメッシュないと』(テレビ東京)のレギュラー出演が決定。

“超マジメ人間”のイジリーは、「仕事だから」と考え真摯に収録に臨んでいたが、「出演女優には一切触れることなく、エロをかきたてるような笑いを表現しろ」とプロデューサーに無理難題を言い渡されて苦悩。

困り果てていたとき、特技となる高速ベロが生まれたと振り返る。

はたして、高速ベロはどのようにして生み出されたのか。誕生の瞬間を語るとともに、テレビ初披露の貴重なVTRを公開する。

◆理想と現実のギャップで苦しんだイジリー岡田

そんな『ギルガメッシュないと』が終了した後、元来やさしい笑いを目指していたイジリーは特技を封印しキャラ変更を試みるが、その結果仕事が激減。

収入がなくなったイジリーを待ち受けていた“超極貧生活”とはいったい? さらに、すでに世間にエロキャラが定着していたがゆえの衝撃事件が続発したことも告白。教室も大爆笑したその事件とは?

しかし、8年間にわたり地獄のような生活を送っていたイジリーは、ある番組から出演オファーが舞い込んだこと、またある芸人にかけてもらった言葉を機に迷いを吹っ切り、高速ベロ解禁を果たしたと打ち明ける。

そして最後は、“求められていること”と“やりたいこと”――そのギャップに苦しんだイジリーがたどり着いた“人生の教訓”を語りかける。