イギリスならではの萌え要素が満開。「英国男優を愛でる会」が熱かった!

写真拡大

ホワイトデー前夜の3月13日、「英国男優を愛でる会」が開催されました。「海外の男優はイギリスでもアメリカでも同じなのでは?」と思っていた筆者がカルチャーショックを受けるほど、男優愛と萌えに満ちあふれたイベントでした。

■イギリスづくしに演出された会場

主催は英国の放送局BBCのドラマを世界各国でいち早く届けるチャンネルブランドのBBC FIRSTを展開する、日本唯一のミステリー専門チャンネルのAXNミステリー。

会場は東京・渋谷にある東京カルチャーカルチャー。AXNミステリーとのコラボイベントとしては、昨年「金田一耕助ナイト」というイベントが開催されました。

入ってまず目を惹くのが、ズラリと飾られた英国男優のポスター! スマホで撮影するファンの方も多数。お気に入りもそれぞれ違うようです。

会場はイギリス一色。イギリス伝統の紅茶である「ヨークシャーティー」も特別にふるまわれました。ふくよかな香りが漂います。ティーバッグとは思えぬくらい濃厚な味! 

そしてイギリス自体が好きな人のために、「イギリスの暮らし」をテーマにした雑誌『RSVP』も販売。

本場イギリスの生活情報だけでなく、日本にあるブリティッシュ・パブの情報なども掲載。アイリッシュ・パブは時折街中で見かけますが、ブリティッシュ・パブとなると数が少ないのだそう。落ち着いた雰囲気のパブにも興味が湧いてきました。

パブといったら英国料理。ということで、今回会場では特別メニューも提供。魚を揚げたフィッシュ・アンド・チップス、ゆで卵を肉などで包んで揚げたスコッチエッグは、馴染みがあります。

はじめましてだったのは、ホットトディ。ウィスキーのお湯割りに、蜂蜜・レモンを加えたもので、風邪の薬としても飲まれるそう。バランタインの香りが鼻に抜け、甘くて美味しかったです。

今回パフェの形状で出されたのはトライフル。フルーツやクリーム、スポンジなどをどんどん重ねて、気楽につくるデザートです。

■英国のドラマや俳優の特徴が見えてきた

料理に舌鼓を打っている中、どんどんお客さんがやってきます。会場は抽選で招待された100名のファンで満員! 年代はさまざまですが「男優を愛でる」というテーマからか、9割が女性でした。

AXNミステリーの中の人によるBBC FIRSTの取り組みの話の後、司会の青山さんから本イベントの趣旨が語られます。男優愛を最大限に解放しつつも、推しつけ(!?)はせずにみんなで愉しく推しを愛でましょうとアナウンスがされ、いよいよ宴のはじまりです!

登壇したのは、雑誌『SPUR』で映画レビューをしているジャーナリストの萩原麻理さん、オジさま大好きのイラストレーターの諏岸(すぎし)さん、20年間英国ドラマを販売してきたBBCスタジオズジャパンの木下美雪さんの3名。

みんなで「英国男優に乾杯」した後、まずは海外ドラマ・映画における英国の立ち位置について、萩原さんが解説。

1990年代は、ヒュー・グラント主演の映画『フォー・ウェディング』(今年同じメンバーで25年後を描いた短編映画が製作される、との情報にヒュー様ファンから歓声があがります)に代表されるように、ロマンチック・コメディの印象が強め。

同作を制作したワーキング・タイトル社は、その後『ノッティングヒルの恋人』『ブリジット・ジョーンズの日記』『ラブ・アクチュアリー』などの作品を世に出します。

なるほど、こうして並べるとなんとなく傾向が見えてきますね。

2000年代になると、ハリウッドとの共作が増えます。世界的な大ヒット映画の『ハリー・ポッター』シリーズから、ダニエル・クレイグによりリブートされた『007』シリーズ、バットマンをシリアスなスーパーヒーローとして描いた『ダークナイト』など。こうして、イギリスの監督・俳優が世界へと羽ばたいていきます。