エレカシ・宮本浩次が過去の事件を明かす

写真拡大

4日に放送されたフジテレビ系「MUSIC FAIR」に出演したエレファントカシマシの宮本浩次が過去に起きた”大事件”を明かした。

【写真】驚愕ライヴ『LIVE FILM エレァントカシマシ 1988.09.10 渋谷公会堂』を一夜限りのプレミア上映

番組では”ライブやテレビ収録なのでの”1番の大事件”というテーマでトークが展開していった。

その中で、宮本は過去に出演した生放送のラジオ番組での出来事を振り返った。宮本は「相性の問題もありますよね」と話し、当時の共演者とトークがヒートアップし「いい加減にしろ」と発言してしまったという。

宮本は「生番組で怒っちゃったもんだから」と振り返り、「割とね、周りの人に怒られるっていうか、言われて、あの謝罪文みたいなの書いたことありますね」と明かした。

謝罪文を書いたという事実にスタジオからは驚きの声が上がったが、宮本は「事件っていうほどでもないとは思うんですけど」と話し、これに番組MCを務めていたフジテレビアナウンサーの軽部真一は「事件ですよ」とコメントした。

宮本の奔放な行動はファンの間でも有名で、以前放送されたテレビ番組では”彼女に振られて年間3本しかライブがなくなってしまった”といったエピソードが語られ、ここでも共演者を驚かせていた。