大島美幸(森三中)

写真拡大

12日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、森三中大島美幸が芸人になったきっかけを明かした。

番組では、大島とクワバタオハラ・くわばたりえ、北陽・虻川美穂子の女芸人3人が育児や仕事についてトークを展開した。そこで大島が芸人になった理由について「いじめられてて」と高校時代の出来事を語った。

当時、大島はずっとスタイリスト志望だったらしい。しかし、そのいじめっ子が「これ行けば?」と、芸人養成所であるNSCのチラシを大島に持ってきたというのだ。どうやら、いじめの延長線上だったらしく「まだ決まってないでしょ。これ行けばいいじゃん」とNSCの入学を強く勧めてきたという。

大島は周囲の助言が人生のターニングポイントになっているとして、2002年に放送作家の鈴木おさむ氏と結婚した際も、村上知子や黒沢かずこの強い押しで実現したと明かした。

これについて「全部、人が決めたことなんです」と、大島が振り返ると、それを聞いていたくわばたは「全部プラスにいってるやん!」と大島の生い立ちに驚いていた。

【関連記事】
森三中・大島美幸 無意識に股を開き番組側が自主規制をする珍事
内村光良 北欧で寒中水泳企画を完遂した大島美幸を絶賛「天才が戻ってきた」
森三中・大島美幸が「クソ!」と反発した芸人の名前を明かす