4日、埼玉県さいたま市を走っていたトラックのドライブレコーダーが、逆走の瞬間を捉えた。

【映像】高齢ドライバーの無謀な逆走&信号無視(冒頭〜)

 ドライブレコーダーの映像には、反対車線に進行方向の逆を向いた車が映っている。誤った車線にいることを認識しているのだろうか、逆走車の運転手はその場で停止している。

 ところがその後、およそ100メートル先の交差点で、クラクションが鳴り響く。クラクションの原因は、先ほどの逆走車だった。

 車は交差点まで差し掛かると、中央分離帯に乗り上げながら強引に左折。トラック運転手も「なにやってんだよ〜」と思わず声を上げる。

 このとき進行方向は「赤信号」。つまり、逆走車は信号無視をして、交差点に侵入したことになる。

 逆走だけでなく、信号無視を行った車に、トラック運転手の男性は「せめて止まれよと」と怒りを隠せない。「交差点のところ、僕の前なり、停止線の前でもいいんですけど、そこを行っちゃうというのが(許せない)。最低でもあそこでは止まってほしかった」と話した。逆走車を運転していたのは「高齢の男性だった」という。

(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)