グラビアタレントの小倉優香

写真拡大

 MBSラジオ(大阪市)が31日、7月29日深夜の「アッパレやってまーす!水曜日」の生放送中にモデルの小倉優香(21)が「辞めさせてください」と番組降板を直訴したことについて「所属事務所と対応を協議中です。事務所も困惑しており、本人と話し合っている段階です」と説明した。突然の降板申し入れの裏には、小倉がかねて交際する格闘家、朝倉未来(28)への“におわせ愛”が関係している。

 2人は今年1月に交際が発覚。本紙取材では現在も半同棲状態が続いている。放送関係者は「彼女は恋人に夢中になり過ぎている。そのことが今回の“降板テロ”につながっているのではとの見方が広まっています」と話している。

 芸能関係者は小倉について「異性ファンが多いので、恋人の存在は喜ばれることではない」と指摘。最近では自宅近くで2人で歩く様子が目撃されたり、自身のインスタグラムで朝倉のキッチンとみられる場所から自撮り写真を投稿するなど“におわせ”行動も話題となっている。

 「恋人に夢中になり過ぎていて、心配する声も以前からありました」と周囲の知人。今回の行動はこれまでの仕事関係者の信頼を裏切る形となり「番組ごと吹き飛びかねない前代未聞の言動」と憤慨する声もある。

 放送関係者によると降板を避けられない見込み。降板が決まれば、次回5日の放送は小倉の代役は立てず、残りのケンドーコバヤシ(48)、アンガールズ、柏木由紀(29)らレギュラー陣で行うという。