謝罪会見で号泣するロンドンブーツ1号2号の田村亮

写真拡大

 事務所を通さない“闇営業”を反社会勢力との間で行った問題で、吉本興業からの契約解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が20日、都内で、同じく無期限謹慎処分となっているお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)とともに、謝罪会見を開いた。問題が発覚した6月以来、関係者が会見を開くのは初めて。

 亮は自身の現在の会社との契約関係について聞かれると「僕は2日前に(吉本側が予定していた)会見に来てくれと言われましたが、出席しなかったら契約解除だと。僕は行っていませんので、公表はされていませんが、契約解除されていると思っている。自分たちの会社はサインをしているわけでもないので、契約解除していただきたいと思っています」と答えた。