“破壊王”のニックネームで新日本プロレスやZERO-ONE、ハッスルのリングで活躍した、人気プロレスラー橋本真也さんが、11日午前、横浜市の市立大付属市民総合医療センターで亡くなった。死因は脳内出血とみられる。

 橋本真也さんは、昭和59年9月にプロレスデビュー。以後、蝶野正洋、武藤敬司らによる闘魂三銃士の結成や、アレキセイ・チューリン、トニー・ホームらと名勝負を繰り広げた異種格闘技戦、引退を懸けた小川直也との死闘でプロレス界に数々の伝説を残した。

昨年は、“ハッスルキング”橋本真也として、盟友小川直也とハッスルのリングを主戦場に闘いを続けてはいたが、選手としては致命的ともいえる右肩の怪我に悩まされ、手術を決意。術後、リハビリをしながら、リングへの復帰を目指していた矢先、40歳という早すぎる死であった。