「週休3日」の働き方が今後より一般的になっていきそうだ。加藤勝信官房長官は4月5日、記者会見で「選択的週休3日制」の導入について検討する考えを示した。「育児や介護、闘病など生活と仕事の両立を図る観点から多様な働き方の推進は重要」などと発言した。「選択的週休3日制」は、自民党の一億総活躍推進本部(猪口邦子本部長)が検討を進める働き方の一例。希望者が「週休3日制」を選択できる仕組みで、1月にあった同本部の会