阪神の西勇輝投手(28)が15日、9月度の「大樹生命月間MVP賞」を受賞した。右腕はオリックス時代の14年、3・4月度以来、2度目の受賞となった。阪神に移籍して1年目の今季は、開幕から先発ローテーションを守り抜き、チームトップの10勝をマーク。10勝8敗、防御率は2・92で2年連続6度目の2桁勝利を挙げ、安定した成績を残した。右腕は「いいピッチャーがたくさんいるので、もう取れないと思っていた。