マツコ・デラックス

写真拡大

27日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが国会議員のSM趣味自体は問題ないと力説した。

番組の夕刊ベスト8のコーナーで、「性癖丸裸のリスクあってもなぜ大臣になりたいのか!?」という、宮沢経産相のSMバーへの政治活動費支出に端を発した東スポの記事が紹介され、マツコは「SMに関しては私、だからなんだと思うのよ」とコメントした。

マツコはさらに「お店の領収書を政治資金で切ってたのが問題なだけで、SMが趣味なことは別によくない?」と話し、紙面の内容が「SMを趣味にしてる人間は、国会議員やっちゃいけないみたいになってる」と指摘した。政治資金を使わない趣味の領域ならば問題がなく、むしろ宮沢経産相の収支報告書に記載されていたバーに行ってみたいと答えた。

政治資金流用などの問題があると、趣味や性癖への攻撃になりやすいマスコミの論調に対して、マツコは「ごっちゃにしちゃいけないところだなっていうのは、こういうニュースがあるたびに思う」と、持論を展開した。さらに若林史江が、キャミソールを政治資金で購入して問題になった議員が以前いたという話が振ると、「キャミソールを女に買ったか、自分で着るのかでちがう。自分で着てるんだったらお見事よ。(でも)領収書は切っちゃだめよ!」と語った。

【関連記事】
マツコ・デラックスが中目黒住民に敵意むき出し「なんであんなに感じ悪いんだろうね」
マツコ・デラックスが村上信五に憧れだった車「ソアラ」を熱弁するも、結局買ったのは「レクサス」だと明かす
マツコ・デラックス 番組で紹介した記事に「面白いこれ?」と不満を語る