ガソリンが2019年5月調査以来の150円代に 米イラン情勢の緊迫など影響

ざっくり言うと

  • 6日時点のレギュラーガソリン1L当たりの平均小売価格は150円10銭となった
  • 年末年始を除いて9週連続で値上がりし、2019年5月調査以来の150円台に
  • 米イラン情勢の緊迫化などの影響で原油価格が上がり、小売価格に転嫁した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x