©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

4月10日(水)に放送される『徹子の部屋』に、天海祐希が登場する。

©テレビ朝日

宝塚のトップスターだった天海祐希は、実は下町生まれの下町育ちという生粋の江戸っ子。家族仲が良く、“討論”が始まると父や兄弟とともに朝の3時までよく話し込んでいたそう。

その父が亡くなった際、親族や友人たちと元気のない母を連れて旅に出たという。

ホテルの部屋では父について語りながら、母の大好きな石原裕次郎さんの歌をかけまくり、泣いて笑って歌って供養をした、というエピソードも飛び出す。

また父の遺骨はダイヤモンドにし、母とともに身につけているのだそう。

©テレビ朝日

昨年急死した大杉漣さんとは、ドラマの共演がきっかけで親しくなり、プライベートなことまで話す仲だったという天海。「大先輩」と慕っていた大杉さんとの思い出も語る。