E3 2010のマイクロソフトカンファレンスの中で薄くなった新型Xbox360「Xbox 360 S」が正式に発表されましたが、さっそくこれを開封しているムービーが登場しました。

開封しているのはハードウェア開発チームのゼネラルマネージャー、Leo Del Castilloさんで、Xbox 360 Sの魅力をたっぷりと伝えてくれています。

詳細は以下から。
Xbox 360 Video Game, E3 2010: 360 Slim Unboxing HD | Game Trailers & Videos | GameTrailers.com

ハードウェア開発チームのLeo Del Castilloゼネラルマネージャーが、手だけの出演ですが、Xbox 360 Sの紹介をしてくれます。

さっそくバリバリとダイナミックに包装紙を破っていきます。

箱、登場。

そしてオープン。「Jump In」の文字が現れました。

しっかり保護された本体。

丁寧にぺりぺりと保護しているシートをはがしています。

よく見ると、決して本体を掴んでいません。つやつやのブラックなので、素手で触ると手の脂が付いてしまうからでしょうか。

横置きだとこんな感じになります。

背面側。

USBポートは3つに増えています。

こちらはHDMIポート、その上は映像ケーブル接続端子。左隣には光デジタル音声端子。

電源部分。以前とは形状が変わっており、ACアダプタの使い回しは効かない感じです。

で、これが新型のACアダプタ。以前のものはいかにもアメリカンな大型でしたが、かなり小型化されました。

HDDの交換はかなり簡単。ほぼワンタッチに近いです。

電源をオン。静音化もかなり改善された感じがします。

ディスクトレイの開閉も当然ながらスムーズ。

本体前面にUSBポートが2つ。

360時代の周辺機器がおおむねそのまま使えるようなので、資産がパーにならないのは嬉しいところ。ただ、ピアノブラックはちょっとテカテカすぎるので、マットブラックやホワイトのモデルが欲しいのですが、今後発売予定はあるのでしょうか。

・関連記事
マイクロソフト、薄くなった新型Xbox360を正式発表 - GIGAZINE

盗まれたXbox360を残された無線コントローラを使って探し出した学生 - GIGAZINE

Xbox 360をどこでも遊べるようなラップトップ機にしてしまった写真 - GIGAZINE

ニンテンドー3DSは国産プロセッサ搭載か、PS3やXbox360に近い性能になるという予測も - GIGAZINE
記事全文へ