Windowsから移行した場合などの新規利用者にとても難しいと思えてしまうLinuxのディレクトリ構造。そのディレクトリの一覧です。

Windowsの場合、デフォルトの場合はほとんどのインストールしたファイルは”Program Files”に格納されますが、Linuxの場合設定ファイルは「/etc」、バイナリファイルは「/bin」、「/usr/bin」、「/usr/local/bin」などディレクトリ構成が違います。

詳細は、以下から。
/ - 最も基本のルートディレクトリ。全てのファイル、ディレクトリがこの中に含まれます。

/bin - 実行ファイルが入っているディレクトリ。例えば、cat、cp、ls、more、tarなど。

/boot - Linuxのカーネルやブートマネージャーなどが含まれる

/dev - Linuxで使用するデバイスのファイルが入っているディレクトリ。

/etc - ほとんどのシステム設定ファイルが入っているディレクトリ。また、サブディレクトリの/etc/rc.dには初期化スクリプトが入っている。

/home - このディレクトリのサブディレクトリに各ユーザのディレクトリが作られる。

/lib - システムを起動するのに必要なドライバモジュールやライブラリファイル用のディレクトリ

/lost+found - 全てのディスクパーティションにあるロストファイル用のディレクトリ。

/media - CD-ROMやフロッピーディスクなどの外付けメディア用のディレクトリ

/mnt - 一時的なファイルシステム用のディレクトリ

/opt - オプションのソフトパッケージのコピー、インストールファイルが格納されているディレクトリ

/proc - バーチャルファイルシステム用の特別なディレクトリ

/root - rootユーザ用のホームディレクトリ。

/sbin - 管理用バイナリファイル用のディレクトリ。例えば、mount、shutdown、umount、resideなど。

/srv - HTTP、FTPなどのサービス用のデータが入っているディレクトリ

/sys - デバイスの情報が入っているディレクトリ

/tmp - スクラッチディレクトリとして使われる一時ファイルを格納するディレクトリ

/usr - X Window Systemなどの多くのブログラムがサブディレクトリに格納されている

/usr/bin - Linuxオペレーティングシステムのコア以外の多くの実行ファイルが入っている

/usr/include - CやC++などのヘッダーファイルが入っているディレクトリ

/usr/lib - CやC++などのライブラリファイルが入っているディレクトリ

/usr/local - /usrディレクトリと似ていてローカルファイルが入っている

/usr/sbin - 管理用コマンドが格納されているディレクトリ

/usr/share - デフォルト設定ファイル、イメージ、ドキュメントなどの共有ファイルの格納ディレクトリ

/usr/src - Linuxカーネルのソースコードが入っているディレクトリ

/var - ログ、メール、プリントスプールなどのいろいろなシステムファイルが格納されている

/var/cache - アプリケーションのキャッシュデータ格納ディレクトリ

/var/lib - アプリケーションのステータスに関する情報を格納している

/var/lock - 二重起動などをチェックするロックファイルが格納されているディレクトリ

/var/log - ログファイル格納ディレクトリ

/var/mail - ユーザの電子メール格納ディレクトリ

/var/opt - /optdhディレクトリにあるパッケージのデータが入っているディレクトリ

/var/run - 起動してからのシステムデータ格納ディレクトリ

/var/spool - プロセス待機中のデータが入っているディレクトリ。

/var/tmp - システムリブート用の一時ファイルが入っているディレクトリ

Linux Directory Structure ≪ /media

・関連記事
Linuxディストリビューションの系統図 - GIGAZINE

Linuxのテキストエディタviとvimのグラフィカルなチートシート - GIGAZINE

Linuxの各種コマンドのチートシートに日本語版登場 - GIGAZINE

Linuxのファイル、ディレクトリ構成のチートシート - GIGAZINE

WindowsからExt2/Ext3のファイルを読み取る「DiskInternals Linux Reader」 - GIGAZINE

LinuxのプログラムをWindowsやMacOS X上で動かせる「Lina」 - GIGAZINE

公立学校でLinuxを導入するべき理由 - GIGAZINE

Linuxのトラフィック統計をシンプルにグラフ化できる「darkstat」 - GIGAZINE
記事全文へ